前原伊助住居跡

マーカーは前原伊助宅跡高札です。

前原伊助住居跡
[元禄15年12月14日(1703年1月30日)午後、同士は両国橋西の米沢町にあった堀部金丸(弥兵衛)の借宅に集まり、その後3か所の集合場所に分かれた。吉田兼亮らは集合場所の本所林町5丁目にある堀部武庸(安兵衛)の借宅に行く途中、竪川の河岸地にある「亀田屋」という茶屋でそば切など食べながら時をすごした。それぞれの集合場所から本所吉良屋敷裏門近くの前原宗房(伊助)の借店を経て、表門隊と裏門隊の二手に別れて吉良邸に討ち入った。  (wikipedia・元禄赤穂事件討ち入り」より)]

[元禄14年3月14日(1701年4月21日)に起きた主君・浅野長矩吉良義央への刃傷の際に前原は江戸にいた。その後、江戸急進派として行動し、はじめ大石良雄らの盟約に加わらず、別行動をとった。はじめ日本橋あたりに住んでいたが、9月には吉良邸裏門近くの本所相生町二丁目に移住して「米屋五兵衛」と称して店を開業しながら吉良家の動向をさぐった。11月に良雄が第一次江戸下向をした際にその盟約に加わる。元禄15年(1702年)4月には「小豆屋善兵衛」と称していた神崎則休と合流して一緒に暮らした。6月には浅草茶屋にて杉野次房武林隆重倉橋武幸不破正種勝田武尭らと同盟の誓約をする。また討ち入りの直前には亡君刃傷から討ち入りまでの経過を漢文体で書き綴った『赤城盟伝』を著しており(則休が注釈をいれ、木村貞行が序文を寄せた)、このなかで脱盟者のことを辛らつに評している。吉良邸討ち入りの際には裏門隊に属した。  (wikipedia・前原宗房より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 本所絵図

[南本所竪川辺之地図 / 村上吾雄 誌」・「bunko01_01855_p0008.jpg

前原伊助宅跡 – Google Map 画像リンク

カメラ南方向に前原伊助宅跡高札が設置されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*