勝海舟生誕の地

マーカーは勝海舟生誕の地碑です。

勝海舟
[勝 海舟 / 勝 安芳(かつ かいしゅう / かつ やすよし、文政6年1月30日(1823年3月12日-明治32年(1899年)1月21日 )は、江戸時代末期の武士(幕臣)、明治初期の政治家。位階勲等正二位勲一等伯爵山岡鉄舟高橋泥舟と共に「幕末の三舟」と呼ばれる。幼名および通称は麟太郎(りんたろう)。は義邦 (よしくに)、明治維新後改名して安芳。これは幕末に武家官位である「安房守」を名乗ったことから勝 安房(かつ あわ)として知られていたため、維新後は「安房」を避けて同音(あん−ほう)の「安芳」に代えたもの。勝本人は「アホウ」とも読めると言っている。海舟は号で、佐久間象山直筆の書、「海舟書屋」からとったものである。海舟という号は元は誰のものであったかは分からないという。父は旗本小普請組(41石)の勝小吉、母は信。幕末の剣客・男谷信友は従兄弟に当たる。家紋は丸に剣花菱。文政6年(1823年)、江戸本所亀沢町の生まれ。父・小吉の実家である男谷家で誕生した。曽祖父・銀一は、越後国三島郡長鳥村の貧農の家に生まれた盲人であった。江戸へ出て高利貸し(盲人に許されていた)で成功し巨万の富を得て朝廷より盲官の最高位検校を買官し「米山検校」を名乗った。銀一は長男の忠之丞に御家人男谷(おだに)家の株を買い与えた。男谷平蔵の三男が海舟の父・勝小吉である。小吉は三男であったため、男谷家から勝家に婿養子に出された。勝家は小普請組という無役で小身の旗本である。勝家は天正3年(1575年)以来の御家人であり、系譜上海舟の高祖父に当たる命雅(のぶまさ)が宝暦2年(1752年)に累進して旗本の列に加わったもので、古参の幕臣であった。幼少時、男谷の親類・阿茶の局の紹介で11代将軍徳川家斉の孫・初之丞(後の一橋慶昌)の遊び相手として江戸城へ召されている。一橋徳川家の家臣として出世する可能性もあったが、慶昌が早世したためその望みは消えることとなる。生家の男谷家で7歳まで過ごした後は、赤坂へ転居するまでを本所入江町(現在の墨田区緑4-24)で暮らした。
勝海舟 / 勝安芳・wikipedia-photo、1860年渡米時にサンフランシスコにて撮影・wikipedia-photo、明治期・wikipedia-photo  (wikipedia-勝海舟より)]

勝海舟資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 北本所大川ヨリ横川迄南割下水辺 : 天保一一年(1840年)八月ノ形」[絵図四つ切右上・本多主水右に男谷彦四郎(男谷精一郎義父)と記述されています。]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 本所絵図」[絵図左下・相生町三丁目の上方向で本多寛司左に男谷精一郎と記述されている。勝海舟はここで誕生した。]

南本所竪川辺之地図 / 村上吾雄 誌」・「bunko01_01855_p0009.jpg」[相生町三丁目下方向・左上から3つ目に男谷精一郎と記述されている。]

勝海舟生誕の地 記念碑 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向が勝海舟生誕の地碑です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*