北割下水

マーカーは北割下水終点付近です。


北割下水
[徳川家康江戸へ入国した天正18年(1590)8月1日の翌々日、江戸に大雨が降り、幾つかの池が溢れて江戸の中心地は沼のようになった、という記録があります。家康はすぐに1575間(約2.8㎞)の水路を掘らせたそうです〔『東京市史稿 市街篇第二』〕。江戸の下水道は「雨水排除」から始まったと言えます。
 江戸に城下町が建設された寛永時代(1624~44年)から十数年後に、江戸の大半を焼き尽くすという明暦の大火(1657年)があり、江戸の市街地の再開発に伴い、本所・深川に武家地や町地がつくられることになりました。以前は田地だった本所地域には、排水路が縦横に設けられました。竪川大横川横十間川南割下水、北割下水などは、いずれも江戸時代前期の万治年間(1658~61年)に掘られました。
 『鶯が呑むぞ浴びるぞ割下水』。小林一茶の俳句です。この句の「割下水」は「本所割下水」です。本所には「南割下水」と「北割下水」がありました。一茶も浮世絵師の葛飾北斎も「割下水」の住人でした。「南割下水」があった現在の《北斎通り》の名は、北斎の生誕地が「割下水」だったことによります。「割下水」は昭和の初め頃まで「南割下水」があった辺りの俗称地名として通用していたそうです。「割下水の生 まれ」とか、「住まいは割下水」というように使われていたようです。
 「割下水」というのは、道路の真ん中を掘り割ってつくられた「下水路」です。江戸川柳に『黙礼のなかを流るゝ割下水〔武玉川・二篇〕』という句があります。「割下水」の両側の武家屋敷に住んでいた侍同士が「割下水」を挟んで挨拶を交わしている情景です。
 チョット強引な言い方かも知れませんが、「割下水」が俳句や川柳に詠まれたり、俗称地名として通用していたということは、「下水」が人びとの身近にあったもののような気がします。  (「ニュース東京の下水道No215_4 – 東京都下水道局」より)]

北割下水資料リンク
北本所大川ヨリ横川辺右石原北割下水迄 : 天保一一年八月ノ形」(絵図中央下・源光寺から右方向横川の間に北割下水が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 本所絵図」(絵図中央上方向・源光寺から右方向横川の間に北割下水が描かれています。)

カメラ位置は源光寺の南東端で、カメラ東方向に北割下水が流れていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*