敦賀藩酒井家本所下(中)屋敷跡

マーカーは錦糸町駅です。

関連リンク – 若年寄・敦賀藩酒井右京亮(忠毗)上屋敷跡敦賀藩酒井家下屋敷跡

酒井忠経
[酒井 忠経(さかい ただつね、嘉永元年8月29日(1848年9月26日) – 明治17年(1884年)12月5日)は、越前敦賀藩の第8代(最後)の藩主。忠稠系小浜藩酒井家別家8代。第7代藩主・酒井忠毗の四男。官位は従五位下、右京亮。
慶応3年(1867年)6月17日、佐幕派の立場に苦しんだ父の隠退により家督を継ぐ。翌年の戊辰戦争では本家の小浜藩が幕府側に与したのに対して、忠経は父と180度方向を転換して新政府側に与した。
明治元年(1868年)6月、朝廷伺候のため訪れた京都において、藩士5人が家老の野口文太夫らを殺害する事件が発生した(鞠山騒動)。野口が忠経を若年と侮り、専横の振る舞いがあったためという。
明治2年(1869年)には版籍奉還により知藩事となる。明治3年(1870年)5月、敦賀藩を鞠山藩と改称した。
同年9月、小浜藩との合併に伴って小浜知藩事となるが、翌年7月の廃藩置県で廃藩となった。  (wikipedia・酒井忠経より)]

東京都立図書館アーカイブ – 嘉永新鐫本所絵図 (安政2[1855]改正/文久3[1863]改)」(絵図四つ切左下・南割下水左に酒井左京亮(酒井忠毗)中屋敷が描かれています。また、その左側に下屋敷が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 北本所横川ヨリ亀戸迄 : 天保一一(1840)年八月ノ形」(絵図四つ切右下・南割下水右に酒井左衛門尉(酒井忠毗)中屋敷が描かれています。また、その右側高木市太郎の屋敷地が、この後下屋敷となります。)

カメラ位置は錦糸町駅北口前で、カメラ南南東方向、錦糸町駅が敦賀藩酒井家中屋敷跡になると思います。

カメラ位置は錦糸町駅南口前で、カメラ南南東方向敦賀藩酒井家下屋敷跡になると思います。