法恩寺

マーカーは法恩寺です。

法恩寺
[日蓮宗平河山法恩寺は1458年大田道灌江戸城を築城時、丑寅の方角に城内鎮護の祈願所として建立しました。境内には、大田道灌の墓や平河清水稲荷大明神、鐘楼三重塔などがあります。現住所の太平は、太田道灌と平河山法恩寺の頭文字から名づけられています。江戸時代には、谷中宗林寺浅草幸龍寺とともに京都本圀寺触頭を勤め塔頭二十ヵ寺、末寺十一ヵ寺を擁していました。参道沿いにある、法泉院、陽運院、千栄院、善行院は当寺の子院です。  (「猫のあしあと – 法恩寺」より)]

[法恩寺(ほうおんじ)は、東京都墨田区にある日蓮宗の寺院。山号は平河山。院号は本住院。本尊十界曼荼羅。旧本山は大本山本圀寺(六条門流)。小西法縁。
大田道灌が1458年(長禄2年)に江戸城を築くにあたり、城内鎮護の祈願所として武蔵国平河村(江戸城平川口)に建立開基。 開山は本住院日住上人で、当初は本住院と称した。 道灌の跡を継ぎ城主となった嫡子・法恩斎の年忌に際し、孫の太田資高が寺号を法恩寺と改めた。
その後神田柳原、谷中清水町と移転した後、1695年(元禄8年)に現在地に移ったが、当時は塔頭20ヵ寺・末寺11ヵ寺を擁していた。 現在も日蓮宗・小西法縁内の法脈の一つである法恩寺法脈の脈頭寺院として大きな影響力を持つ。 また、隅田川施餓鬼七草粥震災記念「思い出のすいとん会」、十五夜お茶会、年末餅つき会、花見の縁などの開催など、壇信徒のみならず地域社会・地元近隣町会との繋がりが大変に強い寺として知られる。 現在地の「太平(町)」の地名は、太田道灌の「太」の字と、山号平河山の「平」の二文字をとり命名されたものと言われている。
前住職、鈴木貫仁は昭和47年に入寺し、東京小西法縁会会長や墨田区保護司会長、日蓮宗保護司会副会長、東京都東部宗務所長などを歴任し、平成4年に大本山本圀寺78世貫首(加歴)に晋山。 さらに平成15年には紀州徳川家の菩提寺として知られる本山報恩寺の35世貫首に晋山。
現住職、鈴木貫元は副住職時代の平成19年に納骨堂「妙元廟」と日蓮聖人像を建立し、平成20年に師父貫仁から法恩寺56世として法燈を継承した。  (wikipedia・法恩寺_(墨田区)より)]

法恩寺ホームページ」-「行事のご案内」-「除夜の鐘]

法恩寺資料リンク
本法寺資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 北本所横川ヨリ亀戸迄 : 天保一一年八月ノ形」(絵図下中央付近に法恩寺が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 本所絵図」(絵図中央付近に法恩寺が描かれています。)

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「押上法恩寺霊山寺」(18-75)、「平河山法恩寺解説-1・右ページ中程から」(18-77)、「平河山法恩寺解説-2・右ページ左から7行目まで」(18-78)

法恩寺 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が法恩寺です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*