東覚寺

マーカーは東覚寺です。

東覚寺
[東覚寺は享禄4年(1531)玄覚法印の創建と伝えられています。明治34年(1901)覚王寺を合併しました。覚王寺は江東区猿江2-15付近にあり、御府内八十八ヶ所霊場第73番札所で、それを示す碑が東覚寺に残されています。
当時の不動明王は、東大寺別当良弁(689-773)の作で、大山寺神奈川県)本尊と同木同作といわれ、江戸時代より亀戸不動として信仰をあつめてきました。
亀戸七福神のひとつ(弁財天)として親しまれています。 (境内掲示による東覚寺の縁起)  (「猫のあしあと – 東覚寺」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 北本所横川ヨリ亀戸迄 : 天保一一年八月ノ形」(絵図右上に東覺寺が描かれています。)

東覚寺 – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向が東覚寺山門です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*