法性寺

スポンサーリンク

マーカーは法性寺です。

法性寺
[日蓮宗の法性寺は、柳嶋妙見山玄和院と号します。明和元年(1492)の建立で、北辰妙見大菩薩を奉安した妙見堂があります。開創より吉運を開いた人物が多く、祈願と供養の寺として親しまれており、境内には近松門左衛門豊国筆塚、落語柳家など現存する碑が多数あります。弘法寺_(市川市)末です。
すみだの史跡文化財めぐりによる法性寺の縁起
柳島妙見と呼ばれて江戸時代から信仰する人の多かった寺です。天正元年(1573)日遄上人によって創建され、妙見山玄和院と号し、日蓮宗真間山弘法寺の末寺です。妙見大菩薩を奉安した妙見堂があります。妙見菩薩は北斗星を神化したもので、国土を護り貧窮を救うといわれている仏様で、像容は端麗な天女形です。江戸城の鬼門除けとしておかれたというこの妙見堂のそばに、周囲2m余にもなる影向松という古木がありました。この松は妙見が降臨したと伝えられています。なお、妙見堂はとくに桂昌院の帰依が深かったそうです。北十間川沿い内には橋本家という料亭もあり、舟で来る人も多くかなり賑わっていたようです。しかし、今は、本堂をはじめ庫裡等すべて近代建築となって昔の面影はありません。寺の入口に「北辰妙見大菩薩」と刻まれた高さ170cmの石標が建っています。右側面に「妙見山法性寺」、左側面に「宝暦2壬申(1752)6月15日坂本町講中 □□町講中」とあります。この石標は、以前は道標をかねて浅草通りに面して立てられていたようです。(すみだの史跡文化財めぐりより)  (「猫のあしあと」より)]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 北本所横川ヨリ亀戸迄 : 天保一一年八月ノ形」(絵図中央左方向・拾間川と北拾間川の交点右下に法性寺が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 本所絵図」(絵図右上・柳島橋の左下に法性寺が描かれています。)

江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・柳島妙見堂

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「柳島妙見堂」(18-69)、「妙見大菩薩解説・左ページ5行目から」(18-67)

東都名所 柳島妙見堂

柳嶋妙見山法性寺 – Google Map 画像リンク

カメラ南方向が法性寺です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*