下頭橋、六蔵祠

マーカーはカメラ位置です。

下頭橋(げとうばし)、六蔵祠
[旧川越街道が、石神井川を越えるために架けられた橋です。欄干は、擬宝珠が付いた擬木で出来ており、かつて木橋であったことを思いおこさせます。現在の橋は昭和54年に造られました。
橋のすぐそばにはお稲荷さんがあります(画像リンク
橋の脇には下頭橋の由来が書かれています(画像リンク)  (「板橋区ホームページ – 下頭橋」より)]

[下頭橋
 弥生町を縦断する道が旧川越街道で、大山町境から石神井川までが上板橋宿跡である。宿端の石神井川に架かる下頭橋は、寛政10年(1798)近隣の村々の協力を得ることで石橋に架け替えられ、それまでひんぱつした水難事故も跡を絶ったという。この境内にある「他力善根供養」の石碑はその時に建てられたもの。
 橋の名の由来については諸説がある。一つ目は、旅僧が地面に突き刺した榎の杖がやがて芽をふいて大木に成長したという逆榎がこの地にあったから。二つ目は、川越城主が江戸に出府の際、江戸屋敷の家臣がここまで来て頭を下げて出迎えたから。三つ目は、橋のたもとで旅人から喜捨を受けていた六蔵の金をもとに石橋が架け替えられたからというもので、六蔵祠はこの六蔵の道徳を讃えて建てられた。同橋と六蔵祠は昭和61年度の板橋区登録記念物(史跡)に認定された。  平成6年6月  板橋区教育委員会  (「川越街道餐歩・・・第1回」より)]

下頭橋六蔵尊 – Google Map 画像リンク

カメラ位置は下頭橋で、カメラ東方向が六蔵祠です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*