小豆沢神社

スポンサーリンク

マーカーは小豆沢神社です。

小豆沢神社
[御祭神 国之常立神、他16柱
当社は、康平年間(1058-1065)、源義家の勧請と伝えられます。江戸時代には、十二天社と呼ばれ、小豆沢村の鎮守でした。
小豆沢の地名の由来については、
1.平将門の時代、神社の台地下の入江(荒川の昔の河道)に停泊中の船が嵐に遭い、小豆を積んだ袋を流失した。
2.上流から漂着した米を腐らないうちにと食べたことを、裁判で評価され、祝いの小豆飯を炊いた。
という二つの故事が残ります。現在では、後者の故事に因み、毎年6月15日に餅つき祭りが執り行われています。
明治2年(1869)、社号を小豆沢神社に改め現在に至っています。
二の鳥居脇の「スダジイ」は、当社の御神木です。南の道路脇側へやや傾斜し、幹の内部が空洞化していますが、樹勢は良好です。天然記念物として、平成6年度、区の記念物に登録されました。(板橋区教育委員会掲示より)  (「小豆沢神社|板橋区小豆沢の神社、小豆沢村鎮守 – 猫の足あと」より)]

小豆沢神社 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向が小豆沢神社参道です。

小豆沢神社拝殿前のカメラです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*