常楽院

スポンサーリンク

マーカーは常楽院です。

常楽院
[御本尊不動明王。宗派真言宗豊山派。熊野山法界寺と称する。
法印賢鏡の建立した逆修碑が寛文10年4月であるから、正保慶安年間(1644-51)に開山されたと推定される。明治10年9月、同寺が幕末寺子屋を開いていたことにより、寺内に中仙小学校(現志村小学校の前身)が開設された。
また、本寺の周囲には弥生時代末から古墳時代初頭(約1600年位前)の前野町遺跡が分布している。境内にある土器収蔵庫に展示されている遺物の多くは同遺跡から出土したもので、守山聖真住職が戦前より収集したもの。特に弥生時代末から古墳時代の初頭の土器は、編年上「前野町式土器」と呼ばれるもので、同遺跡はその標式遺跡である。昭和58年度、前野町式土器の内優品2点が板橋区の有形指定文化財に指定され、さらに平成3年度同寺の収蔵品が一括して有形指定文化財に追加登録された。(板橋区教育委員会掲示より)  (「猫のあしあと – 常楽院」より)]

[都営地下鉄三田線志村坂上駅の南西、徒歩10分。正保・慶安年間(1644~1651年)の開山といわれ、明治時代になるまでは熊野神社別当寺であった。
  昭和13年(1938年)ごろに境内や付近一帯から弥生時代の前野町式土器が多数発掘された。一部は明治大学博物館で展示されているが、多数の土器が寺の土器収蔵庫に収蔵されており、随時公開・展示が行われている。これらの土器は学術的な価値が高く、東京都の有形文化財(考古学)に指定されている。
  寺では花見のシーズンには雅楽と声明のコンサートが企画されたり、除夜の鐘は誰でも撞くことができるなどユニークな活動で地域の人々に親しまれている。  (「PORTAL TOKYO 東京ガイド 板橋区 常楽院」より)]

常楽院 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が常楽院山門です。

カメラ北西方向が常楽院本堂です。

常楽院境内のカメラです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*