東新町氷川神社

マーカーは東新町氷川神社です。

東新町氷川神社
[旧上板橋村の鎮守で、字上ノ根に鎮座しています。境内の郷土資料館内には、江戸時代から昭和40年代まで上板橋地域で使われていた農機具や生活道具など1,000点余りが保管・展示されています。これは地元の有志により集められたもので、都市化される前の地域の生活を知る好資料です(見学要予約)。
東新町氷川神社郷土資料館収蔵品一括
板橋区指定有形民族文化財(民俗資料) 昭和59年12月20日指定
 畑作を中心とした農村であった上板橋地域は、昭和40年代以降急速に宅地化されていきました。農地は姿を消し、また農家では生活様式の変化により、母屋の建て替えや納屋の取り壊しが行われ、多くの農具や生活道具が廃棄されてしまいました。このような状況を憂いた地元の有志は、当地域の生活を後世にのこすために、昭和46年(1971)8月に当神社の境内に資料館を建設し、農具や生活道具を収蔵しました。
 当資料館に収蔵されている資料は、ほとんどが当神社の氏子の範囲から集められたもので、江戸時代から昭和までで千点余の数に及んでいます。その内訳は、衣食住関連が300点ほど、生業関連が285点、社会生活関連が250点などと多岐にわたっていて、嫁入りの際に曳いてきた車付きの箪笥(たんす)など珍しい道具もあります。
 なお、見学の際は事前に氷川神社<TEL:03-3958-0216>まで連絡してください。
氷川神社拝殿・画像リンク、資料館・画像リンク、東新町氷川神社郷土資料館収蔵品一括・画像リンク  (「氷川神社(東新町)のご案内 | 板橋区」より)]

東新町氷川神社|板橋区東新町の神社 – 猫の足あと

上之根氷川神社 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が東新町氷川神社参道です。

カメラ北北西方向が東新町氷川神社拝殿です。