郡山藩柳沢家下屋敷跡(六義園)

マーカーは六義園です。

柳沢吉保関連リンク – 「神田御殿跡、柳沢吉保上屋敷跡」、「大和郡山藩柳沢家上屋敷跡(東京府庁跡・樋口一葉生誕の地)」、「柳沢伯爵邸跡

園内マップ|六義園|公園へ行こう! – 東京都公園協会

郡山藩柳沢家下屋敷跡(六義園)
[六義園は、徳川五代将軍徳川綱吉側用人柳沢吉保が、自らの下屋敷として造営した大名庭園である。元禄8年 (1695) に加賀藩の旧下屋敷跡地を綱吉から拝領した柳沢は、約2万7千坪の平坦な土地に土を盛って丘を築き、千川上水を引いて池を掘り、7年の歳月をかけて起伏のある景観をもつ回遊式築山泉水庭園を現出させた。「六義園」の名称は、紀貫之が『古今和歌集』の序文に書いた「六義」(むくさ)という和歌の六つの基調を表す語に由来する。六義園は自らも和歌に造詣が深かった柳沢が、この「六義」を『古今和歌集』にある和歌が詠うままに庭園として再現しようとしたもので、その設計は柳沢本人によるものと伝えられている。元禄15年 (1702) に庭園と下屋敷が一通り完成すると、以後将軍綱吉のお成りが頻繁に行われるようになる。その回数は記録されているものだけでも実に58回もあり、吉保の寵臣ぶりもさることながら、この庭園自体が当時にあっても天下一品のものと評価されていたことが窺える。柳沢家は次の柳沢吉里の代に甲府から大和郡山転封となるが、六義園は柳沢家の下屋敷として幕末まで使用された。時代が下るにつれ徐々に荒れはしたものの、江戸を襲った度々の火災で類焼することもなく明治を迎えた。明治の初年には三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎が六義園を購入、明治維新後荒れたままになっていた庭園に整備が施され、このとき周囲が今日見る赤煉瓦の塀で囲まれた。その後は関東大震災による被害もほとんど受けず、昭和13年 (1938) には東京市に寄贈され、以後一般公開されるようになった(有料)。東京大空襲の被害を受けることもなく、造園時の面影を残したまま今日に生き延びた六義園は、昭和28年 (1953) に特別名勝に指定されている。
六義園は躑躅の花が特に有名で、地元では「駒込と言えばツツジの花の咲く街」と謳われるような象徴的な存在となっている。また庭園入口近くにある枝垂桜も、3月末に枝いっぱいの薄紅色の花を咲かせる名木として有名で、この枝垂桜の最盛期と紅葉の最盛期にはライトアップもされる。芝生の整備も行き届いており、都内を代表する日本庭園として名高く、海外からの観光客も多い。
●内庭大門(ないてい おおもん)(https://goo.gl/maps/UejpFDSHDzF2)    
●出汐之湊(でしおの みなと)(https://goo.gl/maps/ANsk47vwJPv)
●妹山、背山(いもやま、せやま)(https://goo.gl/maps/MYL6X7pSKqs)
●臥龍石(がりょうせき)
●蓬莱島(ほうらいじま)(https://goo.gl/maps/ZqHL2bM8x9Q2)
●石柱(せきちゅう) 
●滝見之茶屋(たきみの ちゃや)(https://goo.gl/maps/PWazWrJNqv72)
●躑躅茶屋(つつじ ちゃや)(https://goo.gl/maps/cuBVXPyGXay)
●藤代峠(ふじしろ とうげ)(https://goo.gl/maps/bNzLZ6SVFow)
●蛛道(ささかにの みち)(https://goo.gl/maps/ra1QrDQHVFz)
●渡月橋(とげつきょう)(https://goo.gl/maps/kwuvsipSvgz)
初夏の六義園 藤代峠からの展望・wikipedia-photo、藤代峠からの展望・wikipedia-photo、大雪の蓬莱島・wikipedia-photo、山陰橋(やまかげばし)・wikipedia-photo、藤代峠からの展望・wikipedia-photo、晩秋の渡月橋・wikipedia-photo、枝垂桜・wikipedia-photo、夜の枝垂桜(2010年4月1日撮影)・wikipedia-photo  (wikipedia・六義園より)]

施設紹介 | 六義園 | 庭園へ行こう。(心泉亭・宜春亭、吹上茶屋)」、「六義園「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」|東京都

六義園のしだれ桜

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 巣鴨絵図(嘉永7年・1854)」[絵図右上に松平時之助(郡山藩)下屋敷が描かれています。]

国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [35]貮拾壹亨(安政3年・1860)」(コマ番号2/7・地図右下に松平時之助下屋敷が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 六義園全図並八景十二境和歌」、「六義園之図. [1]」、「六義園之図. [2]」、「六義園之図. [3]

内庭大門 – Google Map 画像リンク」、「六義園 – Google Map 画像リンク」、「宜春亭 – Google Map 画像リンク」、「心泉亭 – Google Map 画像リンク」、「千鳥橋 – Google Map 画像リンク」、「滝見茶屋 – Google Map 画像リンク」、「枕流洞 – Google Map 画像リンク」、「尋芳径 – Google Map 画像リンク」、「吹上浜 – Google Map 画像リンク」、「吹上松 – Google Map 画像リンク」、「峯花園 – Google Map 画像リンク」、「水香江 – Google Map 画像リンク」、「つつじ茶屋 – Google Map 画像リンク」、「藤代峠 – Google Map 画像リンク」、「渡月橋 – Google Map 画像リンク」、「芦部茶屋跡 – Google Map 画像リンク

六義園正門のストリートビューです。

六義園内庭大門内・枝垂桜夜の360citiesです。

六義園玉藻の磯前のカメラで、カメラ西北西方向に吹上茶屋があります。また、カメラ南南東方向に心泉亭があります。

吹上茶屋前のストリートビューです。

六義園吟花亭跡第二のしだれ桜の360citiesです。

藤代峠から見たカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*