王子稲荷

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    王子稲荷
    [王子稲荷神社(おうじいなりじんじゃ)は、東京都北区岸町にある神社である。東国三十三国稲荷総司との伝承を持ち、落語王子の狐』で有名。
    ふるくは岸稲荷と号した。 新編武蔵風土記稿巻之十八 豊島郡(参照:豊島郡 (武蔵国))之十 によれば、荒川流域がひろかったころ、その岸に鎮座した神であったから、名付けられた。また、治承四年に源頼朝より奉納を得たという。
    徳川家康が王子稲荷、王子権現、両社の別当寺であった金輪寺に宥養上人を招いて以降、江戸北域にあって存在を大きくした。 『江戸砂子』王子稲荷の段に以下のとおり記されている。
    『狐火おびただし、この火にしたがひて、田畑のよしあしを所の民うらなふことありといふ。狐火にわうじ田畑のよしあしを知らんとここに金輪寺かな。年毎に刻限おなじからず、一時ほどのうちなり。宵にあり、あかつきにありなどして、これを見んために遠方より来るもの空しく帰ること多し、一夜とどまれば必ず見るといへり
    「(訳) 狐火の現れる時刻は年によって違うが、1~2時間ほどのことだという。晩に現れることもあれば明け方に現れることもあり、遠方からわざわざ見に来た人も見ずに終わることが多いが、一晩中待機していれば必ず見られるとのこと。」』
    毎年大晦日の夜、諸国のキツネ、社地の東、古榎のあたりにあつまり、装束をあらためるといい、江戸時代狐火で有名であった。王子稲荷は江戸市民から神社人気一番を得続けた。
    江戸時代には王子稲荷は江戸の名所として絵画に描かれ、歌川広重は『名所江戸百景』において王子稲荷を描いている。
    同じく三代歌川豊国(国貞)には、弘化4年(1848年)から嘉永5年(1852年)の間に出版された三枚続きの浮世絵「王子稲荷初午祭ノ図」がある。これは中央図に「正一位王子稲荷大明神」の幟(のぼり)が描かれているものの、建物の描き方から実際には王子稲荷を描いたものではなく、甲斐国甲府の名所である甲斐善光寺山梨県甲府市善光寺)を描いた「甲州善光寺境内之図初午」の表題が変えられたものであることが指摘される。
    毎月午の日が縁日で、2月初午の日、二の午、三の午には賑わう。 社務所にて火防(ひぶせ)の凧、守札がだされ、境内にも凧を売る店が立つ。 毎年大晦日、除夜とともに「大晦日狐の行列」が王子稲荷へ向かって賑わいを見せる。
    拝殿・wikipedia-photo、大晦日狐の行列・wikipedia-photo、「広重『名所江戸百景』に描かれた王子稲荷」・wikipedia-photo、「同じく、『名所江戸百景』王子装束ゑの木大晦日の狐火」・wikipedia-photo  (wikipedia・王子稲荷神社より)]

    王子稲荷神社 | 東京都北区観光協会 – 北区観光ホームページ」、「王子神社のイチョウ | 東京都北区

    王子稲荷資料リンク
    国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 巣鴨絵図(嘉永七年・1854年)」(絵図左上に王子稲荷が描かれています。)

    国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [41]貮拾壹貞(安政三年・1856年)」(コマ番号10/10・地図中央付近に稲荷境内、王子稲荷社地と描かれています。)

    国立国会図書館デジタルコレクション – 武州豊嶋郡王子村絵図面(出版年月日[江戸末期])」(絵図中央左上に稲荷が描かれています。)

    (名所江戸百景・ 王子稲荷の社ファイル:100_views_edo_018.jpg,ファイル:Hiroshige-100-views-of-edo-fox-fires.jpg)

    江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・王子稲荷社

    江戸名所圖會. 卷之1-7 / 齋藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 畫圖」・「王子稲荷社」(15-31)、「装束畠衣装榎」(15-32)、「王子稲荷社解説-1・左ページ4行目より」(15-30)、「王子稲荷社解説-2・右ページ中程まで」(15-34)

    「東都歳事記」・王子稲荷社初午詣.jpg

    東都歳事記. 巻之1-4,附録 / 斎藤月岑 編纂 ; 長谷川雪旦 図画 ; 松斎雪堤 補画」・「王子稲荷社初午詣」(2-3)

    「東都名所」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・江都名所 王子稲荷の祠王子稲荷境内全図王子稲荷境内全図-2王子稲荷境内全図-3

    江戸名所 王子稲荷社」、「江都名所 王子稲荷の社

    王子稲荷神社 – Google Map 画像リンク

    カメラ南西方向が王子稲荷神門です。

    カメラ北西方向が王子稲荷南参道です。

    王子稲荷拝殿前の360citiesです。

    王子稲荷「凧市」の王子稲荷神門前の360citiesです。

    王子稲荷「凧市」の拝殿前のカメラです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *