角打ち「喜多屋酒店」

スポンサーリンク

マーカーは角打ち「喜多屋酒店」です。

角打ち「喜多屋酒店」
[今回は久しぶりの田端。駅の北口を出て右に進み目指したのは喜多屋酒店。文字通り酒屋さんである。
お店に入ると右側には缶ビール等の酒類が入った冷蔵庫。そして左右にカウンターが並ぶ。といってもそれ程大きなサイズではない。右側のカウンターでは3人組のサラリーマンが飲んでいたので、空いている左側のカウンターの前で飲むことにしよう。
冷蔵庫からハイボールを取り出して、女将さんの立つ左側のカウンターでお支払い。
もしや、ここはレジかな?と思って、移動しようとすると女将さんが、
『ここで大丈夫ですよ』
とのことだったので、入ってすぐのカウンターの端のほうで飲むことにした。
【角ハイボール(濃いめ):205円?】 【ピリ辛チーカマ:60円】
先程冷蔵庫から取った角ハイと、カウンターに並んでいるおつまみから、ピリ辛チーカマをセレクトしお会計。  (「角打ち 喜多屋酒店 きたやさけてん(田端) : 酔う(よう)さんの酔酔どうで」より)]

喜多屋酒店 – 田端/立ち飲み居酒屋・バー [食べログ]

カメラ北方向が角打ち「喜多屋酒店」です。

スポンサーリンク