角打ち「沼野酒店」

スポンサーリンク

マーカーは角打ち「沼野酒店」です。

角打ち「沼野酒店」
[沼野酒店は1928年創業の昔ながらの町の酒屋だったそうなのですが、2012年に廃業。私が赤羽に越してきた2014年の秋には、既にシャッターを下ろされた店舗がぽつんと取り残されている状態でした。
しかし、「赤羽から日本酒文化を発信しよう」をコンセプトに、リカー・イノベーション株式会社とタッグを結成。クラウドファンディングを経て「町の酒屋さん」はリニューアルへとこぎつけました。
リニューアルと言っても、外観や内装はほとんど手を加えず、棚を取りつけた程度。変わったのは、そのシステムです。なんと、150種以上のお酒が試飲可、少量から購入可、角打ちもできちゃうんです。
そんな素敵な沼野酒店は赤羽駅東口から徒歩10分ほど。アーケード通りの赤羽ララガーデンを抜けた「志茂平和通り商店街」にあります。
店内を見て回っていると、2012年まで沼野酒店を経営していた沼野さんがご登場。
「コンビニやスーパーがお酒を販売し始めたことによる競争の激化や後継者不足などで、昔ながらの『町の酒屋さん』は全国で年間50軒くらい廃業しています。昔は赤羽にも60軒ほど酒屋があったんですけどね、今は30軒くらい。商店街自体も半分くらいお店がなくなって、すっかりさびれてしまっています」
そう語った沼野さんですが、今回このようにリニューアルしたことで「まるで生き返ったみたいでうれしい。地域の人も『廃業してしまったお店が多い商店街だけど、沼野酒店が開いているおかげで夜道が明るくなった』と言ってくれます」と、にっこり。  (「赤羽「沼野酒店」は150種類以上の試飲と角打ちできる酒屋さん – O-uccino」より)]

沼野酒店ホームページ

赤羽「沼野酒店」日本酒の試飲や量り売り、角打ちもできる!復活した老舗酒屋

沼野酒店 (ヌマノサケテン) – 志茂/その他 [食べログ]

カメラ南東方向が角打ち「沼野酒店」です。

スポンサーリンク