赤塚諏訪神社

スポンサーリンク

マーカーは赤塚諏訪神社です。

赤塚諏訪神社
[創建は文明年間といわれ、赤塚城千葉自胤信州諏訪大社分霊勧請してここに祀り、赤塚城の鬼門除けにしたと伝えられています。徳丸北野神社とともに、国重要無形文化財に指定されている「田遊び」や区無形民俗文化財の「獅子舞」が伝承されています。
田遊びは、諏訪神社、北野神社ともに板橋十景に選ばれています。  (「板橋区ホームページ – 赤塚諏訪神社」より)]

[都営地下鉄三田線新高島平駅の南西,徒歩15分。信州の諏訪大社の分霊を勧請して文明年間(1469-1487年)に創建したと伝えられる。鳥居をくぐると朱塗りの随身門があり,本殿の前には左右に銀杏の巨樹がある。夫婦銀杏と呼ばれ,樹齢は明らかではないが,縁結びや夫婦和合のシンボルとして信仰を集めている。また,この神社は国の重要無形民俗文化財に指定されている「田遊び」の行事で知られている。田遊びとは,稲作の作業内容を唱えて五穀豊穣を祈願し,神に奉納する行事で,毎年2月13日に行われる。  (「東京ガイド – 諏訪神社(赤塚諏訪神社」より)]

[田遊びは、旧正月にその年の五穀豊穣と子孫繁栄を祈願し神に奉納する行事です。
稲作の作業内容を唱える言葉と所作を田の神に奉納し、豊作を祈願する予祝の祭りで、板橋区では、「徳丸北野神社田遊び」と「赤塚諏訪神社田遊び」が国の重要無形民俗文化財に指定されています。
赤塚諏訪神社田遊び
場所:諏訪神社・大門11-1
日時:2月13日午後7時から2時間程度
備考:境内にて実施されます。  (「国指定重要無形民俗文化財「田遊び」 | 板橋区」より)]

赤塚諏訪神社|板橋区大門の神社、田遊び – 猫の足あと

赤塚諏訪神社 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が赤塚諏訪神社鳥居で、その奥に随身門があります。

カメラ北方向が赤塚諏訪神社拝殿です。

赤塚諏訪神社「どんど焼き」のカメラです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*