赤羽OK横丁

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    赤羽OK横丁
    [午後5時30分過ぎ。JR赤羽駅東口から2分ほど歩いた一角が、仕事を終えたサラリーマンや地元の人などで賑わってくる。100メートルに満たない細い路地沿いに、20数件の居酒屋、スナックなどがずらっと並ぶ。ここが、北区の庶民派呑み屋街として有名な「OK横丁」だ。午後7時を過ぎれば路地は「呑兵衛」たちであふれ、楽しげな会話が飛び交い、気どらない雰囲気で多くの人が酔いしれる。昼間から営業している店もあり、酒飲みにはたまらない場所だ。
    明治時代以降、この地には赤羽火薬庫や工兵隊の宿舎など軍関連施設が多くあり、「軍都」という側面が強かった。そのため戦時中に集中砲撃を受け、あたりは一面の焼け野原になったという。
    そして終戦を迎え、人々は目の前の焼け野原に立ちつくすのだが、それを跳ね返すようにして有志が集まり、再建に乗り出す。その思い・エネルギーはすさまじく、終戦からわずか数ヵ月後には赤羽駅周辺にバラックが建ち並び、すぐ近くを流れる荒川を使って運び込まれた物資が「闇市」で売りさばかれていたという。
    その後、日本の経済発展とともに闇市は徐々に整備・再開発されてゆき、1955(昭和30)年に区画整理が完了。「OK横丁」も、この区画整理の流れで誕生したのだった。OK横丁を代表する老舗で、現在も営業している酒処「八起」が創業したのもこの頃だ。  (「名物発見!「赤羽OK横丁」| iタウンページ 東京都 北区産業」より)]

    八起 (やおき) – 赤羽/居酒屋 [食べログ] 」、「小樽 (おたる) – 赤羽/居酒屋 [食べログ] 」、「ポークチョップス (PORK CHOPS) – 赤羽/居酒屋 [食べログ]」、「順貴 – 赤羽/居酒屋 [食べログ]

    カメラ南南東方向が赤羽OK横丁で、カメラ南西方向「OK横丁」看板下に店舗案内板が貼られています。

    カメラ位置は赤羽OK横丁で、カメラ初期設定方向右に1954年創業の酒処「八起」があります。また、カメラを反転すると、通路右にどすこい酒場「てんま」、立ち飲み処「三代目 順貴 Yoriki」、通路左に「小樽」、オリジナル串焼&一軒家改造居酒屋「ポークチョップス(PORK CHOPS)があります。
    どすこい酒場 てんま – Google Map 画像リンク」「立ち呑み処 順貴 – Google Map 画像リンク」「ポークチョップス – Google Map 画像リンク

    カメラ北西方向が赤羽OK横丁です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *