近藤勇・土方歳三の墓碑

スポンサーリンク

マーカーは近藤勇・土方歳三の墓碑です。

近藤勇・土方歳三の墓碑
[近藤勇新選組隊士供養塔  北区滝野川七-八-一寿徳寺境外墓地
慶応四年(1868)四月二十五日、新選組局長であった近藤勇は、中山道板橋宿手前の平尾一里塚付近に設けられた刑場で官軍により斬首処刑されました。その後、守旧派京都に送られ胴体は刑場より少し離れたこの場所に埋葬されました。本供養塔は没後の明治九年(1876)五月に隊士の一人であり近藤に私淑していた永倉(本名長倉)新八が発起人となり旧江戸幕府御典医であった松本順の協力を得て造立されました。高さ三・六メートル程ある独特の細長い角柱状で、四面の全てにわたり銘文がみられます。正面には、「近藤勇 冝昌 土方歳三義豊 之墓」と刻まれており、副長の土方歳三の名も近藤勇の右に併記されています。尚、近藤勇のである昌冝が冝昌とされていることについては明らかになっておりません。右側面と左側面には、それぞれ八段にわたり井上源三郎を筆頭に合計百十名の隊士などの名前が刻まれています。裏面には、当初は「近藤 明治元年辰四月廿五日 土方 明治二年巳五月十一日 発起人 旧新選組長倉新八改杦村義衛 石工 牛込馬場下横町平田四郎右衛門」と刻まれていましたが、一部は現在判りにくくなっています。戦術方針の相違から一度は近藤と袂を分った永倉ですが、晩年は戦友を弔う日々を送ったと伝えられています。本供養塔には、近藤勇のほか数多くの新選組ゆかりの者たちが祀られているので、新選組研究を行う際の基本資料とされ、学術性も高く貴重な文化財です。平成十六年三月 東京都北区教育委員会  (「近藤勇と新撰組隊士供養塔 – 都内散歩 散歩と写真 – Gooブログ」より)]

近藤勇墓所 – Google Map 画像リンク

カメラ南方向が、近藤勇・土方歳三の墓碑です。

近藤勇・土方歳三の墓碑前の360citiesです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*