長徳寺

マーカーは長徳寺です。

長徳寺
[当山は真言宗豊山派(総本山は奈良県桜井市長谷寺)に属し、挙一山遍照院と号します。
創建された年代は不祥ですが、境内にある石塔の銘から行慈阿闍梨が建久年間(1190~1199)に中興開基したと推定されます。本尊不動明王で錦戸親観師によって昭和38年に彫られたものです。
新編武蔵風土記稿』(文政11年)に「新義真言宗、多摩郡中野村宝仙寺末、挙一山遍照院と号す。大日を本尊とす。鐘楼、寛保三年鋳造の鐘をかく。」とあります。
昭和20年4月13日に堂宇はことごとく戦災をうけましたが、同38年に本堂・客殿書院・庫裡、そして同55年に山門が再建され、再興いたしました。
境内にはかつて大日堂があり、運慶作と伝えられる一丈六尺の大日如来像が本尊として安置されていたので、「子育て大日尊」、「乳授けの大日さま」と呼ばれ親しまれ、乳の出ない母親が米を供えて21日間住職に祈願してもらい、寺の井戸の水で炊いた御飯を食べると乳が出ると信じられていました。
当山に安置されている阿弥陀如来立像は、もとは平泉中尊寺蔵で平安時代後期頃の製作と推定されます。平成5年2月26日に板橋区指定有形文化財となり、木一材による彫出で口元に笑みをたたえた穏やかな面相などの表現は、当時の様式を探るうえでも貴重な仏像といえます。
その他、弘法大師像・興教大師像・六道絵図等が安置され、境内には大日如来・釈迦如来観音菩薩地蔵菩薩弁財天などの石仏が残っています。
また民俗資料として貴重な力石が五個ほどあります。表面に重さを表す何貫目と刻まれた卵形のもので、大日さまの縁日には遠方からも人が集まり、力石をかつぎ大日堂のまわりを何周も回り力自慢に興じたといわれます。  (「長徳寺について|真言宗豊山派 長徳寺」より)]

長徳寺ホームページ

長徳寺|板橋区大原町にある真言宗豊山派寺院 – 猫の足あと

長徳寺 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向が長徳寺山門です。

長徳寺本堂前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*