霜降銀座商店街

スポンサーリンク

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    霜降銀座商店街35.740352, 139.745379
    [JR山手線・駒込駅北口、または地下鉄南北線・駒込駅4番か5番出口から本郷通りへ出て、王子方面へ北上して進むこと約5分。霜降橋交差点のすぐ左脇に霜降銀座の入口があります。最寄駅こそ駒込ですが、霜降銀座の住所は北区西ヶ原になります。
    道幅約3~4メートル、全長約250メートルという細い路地に60余りの商店が軒を連ねる、下町情緒たっぷりな商店街です。
    その昔、この地にあった「霜降橋」という橋名が、商店街名の由来だとか。「ん、橋の名前が…?」と思われた方、そうその昔、ここには「谷田川」という川が流れていて、そこに霜降橋という橋が架かっていたそうなんです。
    この谷田川、上野の「不忍池」へと流れ込んでいた河川で、1931年(昭和6年)から暗渠化する工事が始まり、1940年(昭和15年)に工事が完了しました。その後、新しく道路となった谷田川筋に商店が集まり、それが商店街の始まりだったそうです。そして、1956年(昭和31年)に「霜降銀座栄会」が設立されました。  (「駒込霜降商店街情報 TBSテレビ:月曜ミステリーシアター …」より)]

    [1956年の昭和31年、霜降銀座商店街がスタートしました。“ホッピング”が大流行し、ランデブーに代わり“デート”という言葉が生まれた頃です。
    JR山手線駒込駅・東京メトロ南北線駒込駅から歩いて5分。 道幅は3~4メートルと狭く、全長は250メートルほど。
    量り売りやバラ売りなど、昔ながらの商いがいまだに残っている下町情緒の濃い商店街です。
    2014年11月時点で店舗数は58店舗。魚屋、八百屋、果物屋。スーパー、精肉、生活雑貨。 ラーメン、焼鳥、洋菓子、パン屋……。
    商店街周辺の暮らしを支える、「生活に必要なお店」が軒を列ねています。 特に生鮮食品を中心に、お得な価格で商品を提供する「金曜特売」は毎週にぎわいを見せています。  (「霜降銀座商店街ホームページ – 商店街について」より)]

    霜降銀座商店街 – お店一覧

    10-1 谷田川(藍染川)をどこまでも歩く – ルートラボ – LatLong

    カメラ西方向が霜降銀座商店街です。商店街西側2軒目に「エネルギースーパー たじま」(https://goo.gl/maps/W7BhoGC8XDT2)があります。また東側2軒目に「肉のホンダ」(https://goo.gl/maps/qYd3a2eHm5q)があります。(「エネルギースーパーたじま (駒込店) – ロコトップ – Yahoo! JAPA」、「肉のホンダ – 駒込/コロッケ・フライ [食べログ]」)

    カメラ西北西方向が「鶏肉の万富」(北区西ヶ原1-53-17)です。(万富 – 駒込/その他 [食べログ])

    カメラ南西方向が「砂町銀座 魚壮 霜降銀座」です。

    カメラ南南東方向が「青果店 細野商店」です。

    カメラ南南東方向が「とうふのかさはら」で、ここが、霜降銀座商店街(北区)の終点で、隣の「二木商店」から染井銀座商店街(豊島区)になります。

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *