音無川、音無川堰たい跡(音無親水公園)

マーカーは音無親水公園です。

音無川(石神井用水)[音無親水公園]
[音無親水公園は、小平市の東部を源にして隅田川に注ぐ石神井川の旧流路に整備された公園です。石神井川は、北区付近では“音無川”と呼ばれ親しまれ、古くからの春の桜・夏の青楓と滝あび・秋の紅葉など四季の行楽の名所、景勝の地でした。しかしながら、第二次世界大戦後の経済の復興・発展とともに石神井川も生活排水などで汚れた川となり、洪水による被害を防ぐ目的で、昭和30年代から始まった改修工事によって緑の岸辺は厚いコンクリートの下へと消え、典型的な都市河川となりました。この改修工事で、飛鳥山公園の下に2本のトンネルを掘り、石神井川流路のショートカットが行われ、残された旧流路に、「かつての渓流を取り戻したい」として音無親水公園ができました。  (「音無親水公園|東京都北区」より)]

[石神井川は、小平市・西東京市では「悪水」、西東京市・練馬区の一部では「大川」、練馬区・板橋区では「石神井川」、北区で「音無川」「王子川」「滝野川」と呼ばれていた。「滝野川」という別称は北区滝野川の地名にも残っており、近藤勇の墓所がある。かつて、この地域の石神井川が「滝の様に勢いよく川の流れが激しかった」ことに由来する。  (wikipedia・石神井川より)]

小さい公園 音無親水公園の桜 満開です – フォートラベル

音無川、音無川堰たい跡資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [41]貮拾壹貞」(コマ番号7・絵図中央下に石神井川及び堰が描かれています。)

(名所江戸百景・ 王子音無川堰棣ファイル:100_views_edo_019.jpg)

江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・音無川飛鳥橋あたり貸席其二

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「音無川」(15-21)、「飛鳥橋あたり貸席」(15-24)、「其二」(15-25)、「音無川解説・左ページ中程」(15-34)

「江戸遊覧花暦」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・瀧野川瀧野川(説明文-1)瀧野川(説明文-2)

江戸遊覧花暦. 巻之1-4 / 岡山鳥 編輯 ; [長谷川雪旦] [画]」・「瀧野川解説-1・左ページ左から3行目より」(3-10)、「瀧野川・瀧野川解説-2は左ページ4行目まで」(3-11)

東都名所 王子滝の川」、「江戸名所之内 王子滝の川紅葉風景

音無親水公園 – Google Map 画像リンク

カメラは音無橋南東詰で、カメラ西方向が音無親水公園口のストリートビューです。

音無親水公園のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*