駒込さつき通り

スポンサーリンク

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    駒込さつき通り
    [谷田川は、上野の「不忍池」へと流れ込んでいた河川で、1931年(昭和6年)から暗渠化する工事が始まり、1940年(昭和15年)に工事が完了しました。その後、新しく道路となった谷田川筋に商店が集まり、それが商店街の始まりだったそうです。  (「駒込霜降商店街情報 TBSテレビ:月曜ミステリーシアター …」より)]

    [駒込さつき通りは山手線駒込駅東口北側にある、150mほどの短い通りで、かって谷田川が流れていて谷田川が北区と豊島区の境になってたため、通りが北区と豊島区の境となっています。駒込銀座とも云われる。]

    10-1 谷田川(藍染川)をどこまでも歩く – ルートラボ – LatLong

    カメラ北西方向が駒込さつき通りです。駒込さつき通り入口西側にパン屋「サンエトワール」、東側には中国料理「珍々亭」その奥に「養老乃瀧 駒込店」が続く。

    カメラ北北西方向・街灯に「KOMA GOME GINZA」と掲示されている。カメラ南方向には「七輪焼店 牛繁」、「中華食堂 日高屋」があります。

    カメラ北西方向・通り左(豊島区側)に「中津からあげ専門店 吉吾 駒込店」、通り右(北区側)に「喫茶店&ケーキ ボンガトウ」、「酒処 呑兵衛 駒込店」があります。

    カメラ南南東方向が駒込さつき通りです。

    スポンサーリンク

    “駒込さつき通り” への1件の返信

    1. もっと華やかに 山の手らしく洗練された 街に変わって欲しい。
      さつきという名前が綺麗な名前がついているのだから
      お姫様 お殿様の街らしく。コピーも下町過ぎませんか?

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *