向陵稲荷神社

マーカーは向陵稲荷神社です。

関連リンク – 「佐竹藩(秋田藩)江戸屋敷跡碑」、「秋田藩(久保田藩)佐竹家上屋敷跡」、「久保田藩佐竹家下屋敷跡(浩養園跡)」、「佐竹稲荷神社」、「佐竹秋葉神社」、「佐竹稲荷神社(梅田屋敷)」、「道灌山」、「千秋文庫

向陵稲荷神社
[この辺りにあった秋田藩佐竹氏抱屋敷内に江戸時代初期より祀られていましたが、その後町の鎮守となり、大正15(1926)年に現在地に移りました。近年、受験合格祈願の参拝者が増えています。画像リンク  (「荒川区ホームページ – 向陵稲荷神社」より)]

[当社は向陵稲荷大明神(宇迦之御魂神)を主神とし祭祀を行い、祭神の神徳をひろめ本神社を信奉する人々を教化育成し、家内安全・商売繁盛及び学業成就の神であります。 当社は江戸時代初期より佐竹右京太夫の屋敷内に祀られておりましたが、大正の初期渡辺町(現西日暮里4丁目の一部)の開設されたときにひぐらし公園(現開成学園中学校の校庭)に祀られ、町の鎮守と崇められていました。後当所に移転しましたが、昭和20年の大戦災で全町焼土と化しましたが当社は不思議にも戦火をまぬかれ神威赫々として現存し、昭和46年社殿を改築社務所を新設し、宗教法人向陵稲荷神社となりました。(荒川区教育委員会掲示より)  (「猫のあしあと – 向陵稲荷神社|荒川区西日暮里の神社」より)]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 根岸谷中辺絵図」(絵中央付近に道灌山、佐竹右京太夫下屋敷が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [35]貮拾壹亨」(コマ番号7/7・地図左方向に佐竹右京太夫書抱屋敷が描かれています。)

向陵稲荷神社 – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向が向陵稲荷神社参道です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*