大名時計博物館

マーカーは大名時計博物館です。

大名時計博物館
[大名時計博物館は、陶芸家の上口愚朗が生涯にわたり収集した大名時計を展示している博物館です。上口は昭和26年(1951)に勝山藩の下谷屋敷跡に「上口和時計保存協会」を設立、上口没後、二代目上口等が昭和49年(1974)本館を設立しました。江戸時代の大名お抱えの時計師たちが作った櫓時計、台時計、枕時計などが並びます。  (「大名時計博物館」|TAITOおでかけナビ」より)]

[大名時計博物館(だいみょうとけいかぶくつかん)は、東京都台東区谷中にある時計の博物館である。1974年4月に開設された。陶芸家である上口愚朗に収集された江戸時代大名時計が公開されている。
大名時計博物館・wikipedia-photo  (wikipedia・大名時計博物館より)]

[世界に類のない大名時計
あかぢ坂をのぼった高台の一角にひっそりといった感じで建っている古びた建物が大名時計博物館だ。大名時計とは、江戸時代に用いられていた不定時法による時間を示していた時計のこと。その優れた技術と豪華な装飾が特徴となっている。陶芸家であった上口愚朗は生涯にわたってこれを収集、研究し、その成果をここに残している。大名時計に関しては日本で唯一の博物館とされ、展示品の中には櫓時計、台時計、日時計、印籠時計など、珍しい昔の日本の時計がいっぱい。収集家であり研究者でもあった上口愚朗の時計にかける情熱が伝わってくるようだ。  (「特集! 谷中・根津・上野桜木 | Let’s 下町 わがまち散策 | まいぷれ[荒川区]」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 根岸谷中辺絵図」[絵図右端の中程に三浦志摩守(美作勝山藩)下屋敷が、その右に「ミウラサカ」が描かれています。]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 本郷湯島絵図」(絵図右下方向に三浦志摩守下屋敷が描かれ、その左に「ミウラサカ」が描かれています。)

勝山藩下屋敷跡 – Google Map 画像リンク」、「大名時計博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向小路先左が大名時計博物館で、小路左に標柱が建っています。

カメラ南方向が大名時計博物館で、門右前に勝山藩下屋敷跡の碑が建っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*