天王寺

マーカーは天王寺です。

天王寺
[日蓮鎌倉安房を往復する際に関小次郎長耀の屋敷に宿泊した事に由来する。関小次郎長耀が日蓮に帰依して草庵を結んだ。日蓮の弟子の日源が法華曼荼羅勧請して開山した。1648年(慶安元年)に第9世日長による『長耀山感応寺尊重院縁起』が唯一の資料で、開創以後日耀が中興するまでの歴史は不明である。開創時から日蓮宗であり早くから不受不施派に属していた。不受不施派は邪宗であるとして江戸幕府により弾圧を受けた。日蓮宗第15世日遼の時、1698年(元禄11年)に強制的に改宗となり、14世日饒、15世日遼が共に八丈島遠島となる。廃寺になるのを惜しんだ輪王寺公弁法親王が寺の存続を望み、慶運大僧正天台宗第1世として迎えた。1833年(天保4年)、法華経寺の子院知泉院の日啓や、その娘で大奥女中であったお美代の方などが林肥後守・美濃部筑前守・中野領翁らを動かし、感応寺を再び日蓮宗に改宗する運動が起きる。しかし、輪王寺宮舜仁法親王の働きにより日蓮宗帰宗は中止となり「長耀山感応寺」から「護国山天王寺」へ改号した。1700年から徳川幕府公認の富突(富くじ)が興行され、目黒不動湯島天神と共に「江戸の三富」として大いに賑わった。1728年(享保13年)に幕府により富突禁止令がだされるも、興行が許可され続け、1842年(天保13年)に禁令が出されるまで続けられた。
山門・wikipedia-photo、本堂・wikipedia-photo、本堂と釈迦如来坐像・wikipedia-photo、かつて存在していた谷中五重塔・wikipedia-photo  (wikipedia・天王寺_(台東区)より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 東叡山内外分間絵図帳面書付類共. [2]」[コマ番号3/5・地図上に東叡山寛永寺と天王寺の境道が描かれ、天王寺表門町屋(現在の花重、花屋ふじむらや)上に天王寺表門、その先に天王寺裏門が描かれています。]

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内場末往還其外沿革圖書. [33]貮拾壹元」(コマ番号5/7・絵図四つ切帰宗は中止となり「長耀山感応寺」から「護国山天王寺」へ改号した。1700年から徳川幕府公認の富突(富くじ)が興行され、目黒不動湯島天神と共に「江戸の三富」として大いに賑わった。1728年(享保13年)に幕府により富突禁止令がだされるも、興行が許可され続け、1842年(天保13年)に禁令が出されるまで続けられた。
山門・wikipedia-photo、本堂・wikipedia-photo、本堂と釈迦如来坐像・wikipedia-photo、かつて存在していた谷中五重塔・wikipedia-photo  (wikipedia・天王寺_(台東区)より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 東叡山内外分間絵図帳面書付類共. [2]」[コマ番号3/5・地図上に東叡山寛永寺と天王寺の境道が描かれ、天王寺表門町屋(現在の花重、花屋ふじむらや)上に天王寺表門、その先に天王寺裏門が描かれています。]

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内場末往還其外沿革圖書. [33]貮拾壹元」(コマ番号5/7・絵図四つ切右下、東叡山と天王寺境道に天王寺表門町屋が描かれています。その左下が江戸時代の天王寺表門になります。)

江戸名所図会」・谷中感応寺其二

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「谷中感応寺・右ページ4行目から長耀山感応寺解説です」(14-44)、「其二」(14-45)

「東都歳事記」・谷中天王寺富の図.jpg

東都歳事記. 巻之1-4,附録 / 斎藤月岑 編纂 ; 長谷川雪旦 図画 ; 松斎雪堤 補画」・「谷中天王寺富の図」(1-18)

天王寺 – Google Map 画像リンク」、「地蔵堂 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向左が花重で、その先右が花屋ふじむらやで、その先に江戸時代の天王寺表門がありました。

天王寺裏門があった場所のカメラです。

カメラ北北東方向が現在の天王寺山門で、カメラ東南東方向に地蔵堂、その向こうに唐門があります。

カメラ北方向が天王寺向唐門です。

天王寺向唐門内のカメラで、カメラ東南東方向が毘沙門堂で、カメラ北北東方向が本堂になります。

カメラ北北東方向が本堂で、カメラ西方向に釈迦如来坐像があります。

カメラ北北東方向が釈迦如来坐像です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*