本行寺

スポンサーリンク

マーカーは本行寺です。

本行寺
[日蓮宗の本行寺は、長久山と号します。大永6年(1526)、江戸城内平河口に建立され、江戸時代に神田・谷中を経て、宝永6年(1709)、当地に移転したといいます。景勝の地であったことから通称「月見寺」ともよばれてました。
『本行寺は、大永6年(1526)、江戸城内平河口に建立され、江戸時代に神田・谷中を経て、宝永6年(1709)、現在地に移転した。景勝の地であったことから通称「月見寺」ともよばれていた。二十世の日桓上人(俳号一瓢)は多くの俳人たちと交遊があり、小林一茶はしばしば当寺を訪れ、「青い田の、露をさかなや、ひとり酒」などの句を詠んでいる。儒学市河寛斎・書家市河米庵父子や、幕末明治維新期に活躍した永井尚志などの墓がある。戦国時代_(日本)太田道灌が斥候台を築いたと伝える道灌物見塚があったが、現在は寛延3年(1750)建碑の道灌丘碑のみ残る。(荒川区教育委員会)』  (「猫のあしあと」より)]

[日蓮宗のお寺です。太田道灌の孫の太田資高が大永6年(1526)に江戸城内平河口に建立し、江戸時代に神田、谷中を経て、宝永6年(1709)に現在の地に移転しました。景勝の地であったことから「月見寺」とも呼ばれており、花見寺(青雲寺)、雪見寺(浄光寺)などの寺院もあり、風流を好む江戸の文人墨客が集まったことで知られます。20世日桓(号一瓢)が小林一茶と親交があり、境内には、一茶の句碑のほか種田山頭火の「ほっと月があるのに東京に来てゐる」の句碑があります。また、幕末から明治時代に活躍した永井尚志や儒学者の市河寛斎・米庵親子の墓などもあります。画像リンク(本行寺山門永井尚志の墓小林一茶句石)  (「荒川区ホームページ – 本行寺」より)]

本行寺 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向が本行寺山門です。

資料リンク
江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・日暮里惣図其一

江戸名所圖會. 卷之1-7 / 齋藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 畫圖」・「日暮里惣図其一」(14-46)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*