庭瀬藩板倉家下屋敷跡

マーカーは庭瀬藩板倉家下屋敷跡です。

関連リンク – 庭瀬藩板倉家上屋敷跡

板倉勝資
[板倉 勝資(いたくら かつすけ)は、備中国庭瀬藩5代藩主板倉勝喜の四男として誕生。
文化2年(1805年)12月8日に先代藩主で兄の勝氐が早世したため、翌文化3年(1806年)3月19日に跡を継いだ。文化8年11月15日、11代将軍徳川家斉に拝謁する。同年12月11日、従五位下越中守に叙任する。有能な人物で殖産興業や民政に尽力し、凶作に備えて義倉を設置した。また、藩校の誠意館を創設して藩士子弟の教育化に努めた。
天保3年(1832年)閏11月21日、弟の勝貞に家督を譲って隠居した。弘化2年(1845年)8月に剃髪して愚山と号した。嘉永元年(1848年)8月17日、60歳で死去した。
庭瀬藩の歴代藩主の中では有能な人物で、治績も残したため、中興の英主と言われている。  (wikipedia・板倉勝資より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 根岸谷中辺絵図(安政三年・1856年)」[絵図四つ切右下に板倉摂津守(板倉勝全)下屋敷が描かれています。]

国立国会図書館デジタルコレクション – 武州豊島郡駒込村絵図(写し)」(コマ番号2/3・絵図四つ切右下に板倉摂津守が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 江戸絵図. 3号」(コマ番号2/6・絵図中央左、千駄木林右上に板倉摂津守下屋敷が描かれています。)

カメラ位置は団子坂上で、カメラ東北東方向が庭瀬藩板倉家下屋敷跡になると思います。