延命院

マーカーは延命院です。

延命院
[延命院(えんめいいん)は、東京都荒川区西日暮里にある日蓮宗の寺院。山号は宝珠山。本尊は大曼荼羅。莚師法縁。この寺は、1648年(慶安元年)日長の開山により創建された寺で、江戸幕府旗本小堀政貞の生母で江戸幕府4代将軍徳川家綱の乳母三沢局の帰依を得て堂宇の改修が行われている。この寺にある七面大明神(七面天女)は、1650年(慶安3年)に造られたもので三沢局をはじめ多く人の信仰を集めた。享和年間(1801年~1804年)この寺に来山した日道は美貌の持ち主で幕府の奥女中らと関係を持ったことから寺社奉行脇坂安董に摘発され、1803年(享和3年)死罪に処せられた(延命院事件)。この日道は「日月享和政談」(河竹黙阿弥)での延命院「日当」のモデルとなった。
延命院事件
徳川家斉の時代、西の丸大奥の御中臈・梅村の部屋方であった”ころ”という奥女中がいたが、大奥に入る以前からころは延命院の僧侶・日潤と交際をしており、彼が奥女中と密接な関係を作る手助けをした。また享和年間にこの延命院に来山した僧侶・日道は、自身の美貌で日潤と同じく奥女中との関係を持ったことから、寺社奉行脇坂安董に摘発され、1803年(享和3年)に死罪となった。大奥のころと日潤の関係も、のちに発覚して捕えられ、ころは大奥を追われたという。  (wikipedia・延命院_(荒川区)より)]

[日蓮宗の寺院で宝珠山と号する。開基は四代将軍徳川家綱の乳母三沢局。家綱出生の際に安産を祈祷した慧照院日長が、三沢局の信施を受け、甲州身延山の七面大明神を勧請。慶安元年(1648)別当寺として延命院を開創したという。七面大明神には、胎内に慶安3年(1650)法寿院日命が願主となり、仏師矢兵衛の手で作られたことを記した銘文がある。秘仏とされ、七面堂に祀られている。これにちなんで、門前から宗林寺台東区)方面に下る坂は七面坂と呼ばれる。境内には樹齢600年を超えるといわれる大椎(シイ・都指定天然記念物)がある。荒川区教育委員会  (「猫のあしあと」より)]

延命院の大椎
[樹高16.2m、幹周5,5m、樹齢400年以上。天保7年(1836)開板の「江戸名所図会」にシイの姿が描かれています。 主幹には大きな穴が開き片側だけにしか枝がありません。平成14年5月に幹内部の腐朽が原因で南側の大枝が崩落し現在の姿になってしまいました。  (「東京都 天然記念物」より)]

延命院 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向が延命院参道です。

延命院本堂前参道のカメラです。

延命院本堂前のカメラです。

延命院庫裏前のカメラです。

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [33]貮拾壹元」(コマ番号6/7・地図左上方向に七面社延命院年貢地と描かれています。)

江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・日暮里惣図其之二(其之二は見開きで、右ページ上から「経王寺」「七面宮」「長相寺」「宗林寺」が描かれ、左ページ上から「百観音」「養福寺」「人丸社」「南泉寺」が描かれています。「七面宮」が延命院で、「百観音」は養福寺です。また、「長相寺」は「長明寺」ではないかと思います。]

江戸名所圖會. 卷之1-7 / 齋藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 畫圖」・「日暮里惣図其之二」(14-47)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*