旧安田楠雄邸庭園

マーカーは旧安田楠雄邸庭園です。

旧安田楠雄邸庭園
[大正7年、豊島園の開園者として知られる藤田好三郎がこの地を取得し、邸宅を建設した。
大正12年、安田財閥の創始者安田善次郎の娘婿善四郎が購入し、昭和12年に長男楠雄が相続した。
建物は、伝統的な和風建築の書院造数寄屋造を継承しながらも、内部に洋風の応接間を設けるなど、和洋折衷のスタイルも取り入れた造りである。
平成7年楠雄氏他界の後、遺族から財団法人日本ナショナルトラストに寄贈され、歴史的建造物として修復管理されている。  (「文京区 旧安田楠雄邸」より)]

[旧安田楠雄邸庭園は、大正8(1919)年に建設された近代和風建築として価値が高く、在来建築技術と西洋から伝来した新しい技術力、そして大正期までに高まった工業技術力を優れた意匠として十分に発揮して造られた建物とそこから眺める庭園により構成されており、平成10年には東京都の名勝として文化財指定を受けています。
 平成8年までは安田家の人々が住まわれていたのですが、その後、多くの方に親しんで欲しいというご遺族の意志を受けたたてもの応援団の尽力により、財団法人日本ナショナルトラストに寄贈されました。平成11年から本格的な復元修理事業を開始し、建物部分の修理はほぼ終了しており、現在は庭園部分の修理を実施しています。
 より多くの皆様にご覧いただけるよう、平成19年から一般公開を開始しました。  (「旧安田楠雄邸庭園 – 日本ナショナルトラスト」より)]

カメラ西方向が旧安田楠雄邸庭園です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*