枇杷橋(合染橋)跡

スポンサーリンク

マーカーはカメラ位置です。

枇杷橋(合染橋)跡
[藍染川と枇杷橋(合染橋)跡
 文京区台東区の境の道路は、うねうねと蛇行している。この道は現在暗渠となっている藍染川の流路である。
 『新編武蔵風土記稿』によれば、水源は染井の内長池(現在の都営染井霊園の北側の低地)で、ここから西ヶ原へ、さらに、駒込村から根津谷に入る。不忍池から上野の山の三橋下(公園入口のところ)で忍川となり、三味線堀から隅田川に注ぐ。
 川の名は、上流から境川・谷戸川(谷田川)・藍染川などと呼ばれた。藍染の名の由来はいろいろある。染井から流れ出るから、川筋に染物屋があり川の色が藍色に染まっていたからなど。
 前方の道路の交わるところに、藍染川に架かる橋があった。江戸時代の『御府内備考』や『新編武蔵風土記稿』によれば、この橋は合染橋、藍染橋、琵琶の橋(のち琵琶橋)などと呼ばれた。また旧八重垣町にも同名の藍染橋があった。
 川は、水はけが悪くよく氾濫したので、大正10年(1921)から暗渠工事が始められ、現在流路の多くは台東区との区境の道路となっている。  昭和59年(1984) 文京区教育委員会  (「東京都文京区の歴史 – 藍染川と枇杷橋(合染橋)跡」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 根岸谷中辺絵図」[絵図右中・藍染川(谷田川)に枇杷橋(合染橋)が描かれています。]

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内場末往還其外沿革圖書. [33]貮拾壹元」(コマ番号4/7・三浦志摩守下屋敷右下方向・藍染川に架かる橋が枇杷橋(合染橋)です。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 池之端并谷中. [2]」(コマ番号3/3・絵図中央に藍染川が描かれ、そこに架かる石橋が枇杷橋(合染橋)です。)

枇杷橋跡 (合染橋跡) – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向に枇杷橋(合染橋)跡案内板があります。また、カメラ北北西方向、南南東方向がへび道になります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*