菊見せんべい

マーカーは菊見せんべいです。

菊見せんべい
[菊で飾った人形で芝居や伝承の名場面を見せる見世物。そもそもの始まりは江戸時代巣鴨・染井の植木職人が菊細工としてお寺で参拝客に見せ、それが明治になって、ここ団子坂に移ってたくさんの見物客を集めるようになりました。秋になると団子坂の両側には菊人形の小屋がたちならんだということです。文京区千駄木3-37-16 不忍通りの谷中側にある店構えのレトロなおせんべい屋さん。明治8年創業で、その名にあるように菊人形見物のお土産でした。  (「団子坂 だんござか | 坂道物語 」より)]

[創業明治八年 菊人形見物客に何かお土産を…と誕生した菊見せんべい。「円は天、方は地」という言葉から、当時からめずらしい四角い形のせんべいとなり、その形は今も変わらないままである。  (「東京のあられ・おせんべい | 菊見せんべい総本店 」より)]

カメラ北北西方向が菊見せんべいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*