谷中霊園・五重塔跡

スポンサーリンク

マーカーは五重塔跡です。

谷中霊園・五重塔跡
[谷中霊園(やなかれいえん)は、東京都台東区谷中7丁目にある都立霊園。旧称の谷中墓地(やなかぼち)と呼ばれることも多い。面積は約10万平方メートル、およそ7,000基の墓がある。徳川家15代目将軍慶喜鳩山一郎横山大観渋沢栄一などが眠る。
かつては、感応寺(現・天王寺)の寺域の一部であり、中央園路は感応寺の参道であった。江戸期には、この感応寺で富くじが行われ、「江戸の三富」として大いに客を呼んだ。この客を当て込んで茶屋が参道入り口に立ち並び、現在でもその名残から墓地関係者は中央園路にある花屋のことを「お茶屋」と呼んでいる。中央園路の半ばには、幸田露伴小説『五重塔』のモデルとなった五重塔跡がある。これは、1908年に天王寺より寄贈されたものであった。この五重塔は、1957年に谷中五重塔放火心中事件で焼失するが、東京都が史跡に指定した。五重塔跡は児童公園(天王寺公園)内にあり、公園に付随する形で駐在所がある。 なお、「谷中墓地」と称される区域には、都立谷中霊園の他に天王寺墓地と寛永寺墓地も含まれており、徳川慶喜など徳川氏の墓は寛永寺墓地に属する。 また、谷中霊園は桜の名所としても親しまれている。中央園路は通称「さくら通り」ともよばれ園路を覆う桜の枝に花が咲くと、まるで桜のトンネルのようになる。現在、公園型霊園を理由とした霊園内再開発の途上にあり、公園スペースにするための更地化のため、使用料の払われていない箇所の無縁仏への改葬やスペースの障害となる大木など木々の伐採が進められている。
「花見客で賑わう谷中霊園、左側の建物が駐在所」・wikipedia-photo  (wikipedia・谷中霊園より)]

谷中霊園 – Google Map 画像リンク」、「天王寺五重塔跡 – Google Map 画像リンク

カメラ位置は霊園中央の園路で、通称「桜通り」の天王寺駐在所横で、カメラ東南東方向・フェンスで囲われた場所が五重塔跡です。フェンス手前に案内標識が設置されています。

谷中墓地・天王寺駐在所南側・桜満開のカメラです。

谷中墓地・天王寺駐在所前・夜桜のカメラです。

谷中墓地・天王寺駐在所南側・初夏のカメラです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*