千住高札場跡石碑

マーカーは千住高札場跡石碑です。

千住高札場跡
[千住高札場跡石碑が建つ前の通りは旧区役所通りで、かって熊谷堤とよばれ北側に江川堀が流れ、その江川掘りに千住小橋が架かっていました。江川掘りは昭和6年頃暗渠(あんきょ)化されています。  (参考サイト – 「足立朝日» Blog Archive » 旧日光街道、千住小橋付近」より)]

[高札(こうさつ)とは、古代から明治時代初期にかけて行われた法令一般法基本法)を板面に記して往来などに掲示して民衆に周知させる方法である。なお、特定の相手や事柄を対象として制定された法令(特別法)を記した同様の掲示を制札(せいさつ)と呼ぶが、その実際の運用上は厳密に区別されていたとは言い難かったようである。その起源は確かでないものの、延暦元年(782年)の太政官符に官符の内容を官庁や往来に掲示して、民衆に告知するように命じた指示が出されている。以後、武家政権でも同様の方法が取られている。だが、これを最も良く用いて全国的な制度として確立したのは江戸幕府及び諸であった。  (wikipedia・高札場より)]

千住高札場跡 – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向信号柱左に千住高札場跡石碑が設置されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*