国土安穏寺

スポンサーリンク

マーカーは国土安穏寺です。

国土安穏寺
[日蓮宗寺院の国土安穏寺は、天下長久山と号し応永17年(1410)の創建、開山は日通聖人、開基は、千葉太郎満胤です。将軍徳川秀忠徳川家光が、当所巡遊の折の御善所となり、後に、寛永元年(1624)、現寺号を賜り、徳川家祈願所位牌安置所となりました。
国土安穏寺の縁起
日蓮宗、天下長久山国土安穏寺と称す。創建は、応永17年(1410)、開山は日通聖人、開基は、千葉太郎満胤である。当初は、長久山妙覚寺と称した。本尊ならびに中山三祖日祐聖人自作の祖師像がある。江戸時代に、将軍秀忠および家光が、当所巡遊の折の御善所となり、八世日芸聖人の大宇都宮釣天井予言の功により、寛永元年(1624)、現寺号を賜り、徳川家祈願所位牌安置所となる。したがって当寺は、葵紋の使用を許された。寺宝として、日蓮聖人の断簡、将軍家使用の膳わん一式、徳川家光・徳川慶喜加藤清正等の書軸などがある。なお、現在の諸堂宇は、鐘楼を除き、昭和以降の造営である。(足立区教育委員会)  (「猫のあしあと – 国土安穏寺」より)
[東武伊勢崎線西新井駅の北東、徒歩10分。応永17年(1410年)、日通聖人による開山の古刹。江戸時代には将軍秀忠・家光がこの地を訪れたときの御膳所となった由緒ある寺で、徳川家祈願所および位牌安置所であった。そのため葵紋の使用を許され、堂々とした構えを見せる朱塗りの仁王門や屋根瓦などあちこちに葵紋を見ることができる。寺号は当初「長久山妙覚寺」と称したが、寛永元年(1624年)に現寺号の「天下長久山国土安穏寺」を賜り、改称した。寺宝として、日蓮聖人の断簡、将軍家が使った膳椀一式、将軍家光・慶喜や加藤清正の書軸などを所蔵している。境内には将軍家光お手植えの松などもあり、将軍家からの崇敬が厚かったことを物語っている。  (「東京ガイド – 国土安穏寺」より)]

国土安穏寺 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向が国土安穏寺仁王門です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*