奥戸天祖神社

マーカーは奥戸天祖神社です。

国立公文書館 デジタルアーカイブ – 江戸御場絵図 – 葛西筋御場絵図」(絵図は東が上になっていますので、北を上にすると見やすくなります。絵図を北向きにして、中央・奥戸と妙厳寺の間上方向に、奥戸天祖神社があることになります。

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。
1896~1909年地図で、奥戸の右にある鳥居が奥戸天祖神社です。

奥戸天祖神社
[奥戸天祖神社は、葛飾区奥戸にある天祖神社です。奥戸天祖神社は、当地が葛西御厨であった頃に、伊勢皇大神を勧請し、また下総香取鹿島のニ神を勧請して三社明神と称し、奥戸村の鎮守としたといいます。大しめ縄神事と奥戸連句碑が葛飾区指定文化財になっています。
●奥戸天祖神社の由緒
当社はこの地が葛西御厨であった頃、伊勢皇大神を勧請し、また下総の香取・鹿島のニ神を勧請して、三社明神と称し、村の鎮守としたものと思われる。「新編武蔵風土記稿」奥戸村の条に「三社明神社 神明・香取・鹿島ヲ祭レリ。村ノ鎮守ニシテ、西光寺持。末社湯殿社・月山・羽黒山合社、稲荷、風雨神」といい、「東京府志料」奥戸村の条にも「天祖神社 天祖・香取・鹿島ヲ祭レリ。モト神明社ト云。一新後、社号改マル。村ノ鎮守ナリ。末社三宇、社地300坪」とある。江戸時代には、寛永18年(1641)以来、寛文正徳享保天明文政天保安政の8回にわたって再建または修覆が行われ、大正11年には拝殿が修築され、現在の社殿は昭和49年12月の造営である。当社の年中行事として、古くから長さ4間2分の<ごぼうじめ>二本を作り、一本は社前の御神木に納め、一本は氏子の若者が担いで村中を個別に廻って祈祷する慣習があったが、現在は短い<ごぼうじめ>一本を神社に奉納するのみとなった。(葛飾区教育委員会 葛飾区神社調査報告より)
●地名奥戸の由来
「奥戸」は「奥津」が転訛した地名です。東京低地には「戸」のつく地名が多くみられますが。「戸」は本来「津」を用いたもので、主として「港津」をあらわし、対岸へ渡ることにできるの渡河地点でもあります。この地は古代から河川との関わりが深く、川を利用した舟運が発達していました。「戸」地名はそのような状況を物語っているのです。奥戸地域は、地名が室町時代の文書にみられることや、この地から古墳時代から奈良平安時代の集落が発掘されていることから、古代から開発されていた土地であることがわかります。江戸期から昭和5年まで奥戸村でしたが、その後、奥戸町となり、昭和7年葛飾区の誕生とともに、奥戸本町となりました。昭和41・43・47年の住居表示の実施により現在の奥戸1~5・7~8丁目、東新小岩6丁目となりました。(葛飾区HPより)  (「奥戸天祖神社|葛飾区奥戸の神社、旧奥戸村鎮守 – 猫の足あと」より)]

奥戸天祖神社 – Google Map 画像リンク」、「出羽三山神社 雨風神社 第六天社 浅間神社 御岳神社 諏訪神社 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が奥戸天祖神社正面鳥居です。