妙厳寺

マーカーは妙厳寺です。

江戸御場絵図」(絵図は東西方向を軸に描かれていますので、絵図を回転して南北を軸にすると見やすくなります、南北軸にした絵図で、中央下・中川の右、「奥戸」右に妙厳寺が描かれています。)

妙厳寺
[妙厳寺は、応永22年(1415)に創建したと伝えられます。永禄元年(1558)上小松村西福院の海鎮法印が中興したといいます。
新編武蔵風土記稿による妙厳寺の縁起
妙厳寺
同末(新義真言宗、上小松村正福寺末)なり。八王山不動院と号す。本尊不動。(新編武蔵風土記稿より)
●葛飾区寺院調査報告による妙厳寺の縁起
応永22年(1415)の創立と伝え、もと本寺の正福寺の過去帳に「永享9年(1437)丁巳 妙厳寺義海」の文字が見えるので、応永年間の創立であることが立証できる。永禄元年(1558)上小松村西福院の海鎮法印が中興し、享保元年(1716)盛吽法印が法流を相続した。元文4年(1739)の「正福寺惣門末起立録」に
本奥戸村 八王子山 不動院 妙厳寺
本尊不動明王
中興 元禄元午年 法印海鎮
元文四己未年迄 凡193年
牛頭天王社地 1反余 御見捨
境内 2反3畝10歩 恩除地
寺附田地 9反7畝2部 御年貢地
買添 1町2畝10歩 御年貢地
御法流 享保元申年 法印盛吽相続
御代官所 伊那半左衛門殿
とある。本堂安政二年(1855)の大地震に倒壊し、明治14年再建、昭和9年その位置を変更して改築し、同40年、客殿、庫裡を新築した(葛飾区教育委員会 葛飾区寺院調査報告より)  (「妙厳寺|新四国南葛八十八ヶ所霊場、葛飾区奥戸にある真言宗豊山派寺院」より)]

妙厳寺 – Google Map 画像リンク

カメラ南方向が妙厳寺参道です。