安福寺

スポンサーリンク

マーカーは安福寺です。

安福寺
[真言宗豊山派寺院の安福寺は、竜灯山権現院と号します。創建年代は不詳ですが、草庵だった当寺を僧龍演(元禄元年1688年寂)が創建したといいます。当寺には夕顔観音として知られる懸仏が祀られています。武蔵国三十三ヶ所霊場16番です。

『創立の年代は明らかでないが、元和8年(1622)7月の「飯塚村検地水帳」に「上田 4畝12歩 安福寺」と記し、また寛永5年(1628)4月寂の法印祐尊の宝篋印塔があるから、当寺が江戸時代の初期にすでに存在したことが知られる。したがって「新編武蔵風土記稿」に「開山竜演、元禄元年(1688)12月12日寂ス。此僧ヨリ前ハ草庵ナリト云」という竜演は中興開山であろう。現在の本堂大正7年、庫裡・客殿は昭和50年の改築である。なお寛文8年(1668)飯塚村の名主関口氏はその所有地から懸仏その他を掘出し、堂を建てて安置し、元禄13年(1700)安福寺の赦盛法印を招いて開帳会を修した。これが<夕顔観音>として信仰され、一時は盛況を呈したが、明治18年、堂は他に譲られ、懸仏は同26年、安福寺に移されて今日に至っている。(葛飾区教育委員会 葛飾区寺院調査報告より)』  (「猫のあしあと – 安福寺」より)]

夕顔観音
[夕顔観音は、江戸時代中期頃は草堂に安置され多くの人が参詣した。現在は安福寺に安置されるようになり、秘仏として12年ごとの午年の4月に開帳される。  (「葛飾区ホームページ – 安福寺(夕顔観音)」より)]

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「夕顔観音堂」(20-3)、「夕顔観音堂解説・左ページ8行目まで」(20-4)

安福寺 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向が安福寺参道です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*