実相院

スポンサーリンク

マーカーは実相院です。

実相院
[真言宗豊山派寺院の実相院は、寶光山実相院横沼寺と号します。実相院は、天平年間行基菩薩による開山といわれ、当寺付近一帯に横沼と呼ばれていたことから横沼寺と寺号がついたといい、前九年の役後三年の役では源頼義源義家父子が戦勝祈願をし寺領を寄進したといいます。荒綾八十八ヶ所霊場41番札所、伊興七福神大黒天・弁財天・毘沙門天、武蔵国三十三ヶ所霊場23番です。  (「猫のあしあと – 実相院」より)]

[真言宗豊山派のお寺で、本尊は、等身大の聖観世音菩薩で古くから子育て観音として地域の信仰を集めており、東京都の有形文化財に指定されています。年の4月に開帳され、お参りするとお乳の出がよくなると言われています。また、江戸時代の半ば、御三家紀伊徳川家藩主徳川宗将が奉納したとされる仏画両界曼荼羅(区指定文化財)があります。伊興七福神巡りの1寺で、弁財天毘沙門天大黒天の3体が祀られています。
画像リンク画像リンク  (「足立区観光ネット – 実相院」より)]

実相院 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向が実相院山門です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*