庄三郎(東京打刃物)

スポンサーリンク

マーカーは庄三郎(東京打刃物)です。

庄三郎(東京打刃物)
[ラシャ切り鋏は、別名裁ち鋏あるいはラシャ鋏といいます。ラシャは漢字では羅紗と書き、元はポルトガル語で厚い毛織物のような布地を指します。戦前まで冬物服地として必需品でしたが、今は需要がなくなり、ラシャの名前だけが残り使われています。
ラシャ切り鋏は、おそらく幕末頃に渡来したと考えられます。西洋の布地を用い、洋服を仕立てる鋏はそれまでの日本には存在しなかったため、舶来の鋏を用いていたことが想像できますが、舶来の鋏は大きくて重く、指の大きさが欧米人と異なるのでさぞ使いにくかったことでしょう。
明治時代中期、その鋏を改良した人物が吉田弥十郎です。弥十郎は刀鍛冶の技術を応用し、日本人の感性にあう鋭い切れ味と美しい光沢のある軽いラシャ切り鋏を開発し、今に伝わるラシャ切り鋏すべての系統の源流となりました。
三浦康宣さんは、昭和10年根岸で生まれました。戦後、家業であるラシャ切り鋏製作の道に入り、父・庄三郎(明治29年生)から吉田弥十郎が開発して以来の技術を伝授されました。ラシャ切り鋏の伝統を守りながら、ラシャ切り鋏の存続を守るため、新たな技術開発にも積極的に取り組み、その精神は刀鍛冶の技術を持ちながら新しいラシャ切り鋏を開発した吉田弥十郎に通じます。
鏡面研磨、鋼はがねの研磨、ネジの調整と進む工程の最後に行う刃の調整(組み合わせ)、擦り合せは長年の経験を持ってしか行えず、その技術は貴重です。  (「ラシャ切り鋏作り 台東区ホームページ – 台東区役所 」より)]

[洋裁用の裁ちばさみは明治時代に日本へ伝わり、江戸以来の刀鍛冶の技術で国産化されました。庄三郎はこの技術を受け継ぎ、大正9年に創業。伝統的な技術を近代的な設備のもとで活かしたはさみづくりを続けています。
見学
料金 – 無料
定員 – 4名程度
対象 – 小学生以上
所要時間 – 2時間程度
見学可能日 – 平日
時間 – 午前のみ  (「庄三郎 – 東京都産業労働局」より)]

[職人の技を活かすと同時に、機械化も進んだ工場です。研削、研磨などの手作業が、機械化された工程と共存する空間で、伝統の上に築かれた現代のものづくりが堪能できます。
材料を吟味したはさみは、古くなっても研げばまた切れるようになる。
三浦 康亘(みうら やすのぶ、株式会社庄三郎代表取締役社長、伝統工芸士(東京都知事認定))は、「型に材料を流すと、はさみができあがる」。そう考える方もいるでしょう。でも実際は違います。現在は手元と刃は分けて作るなど、昔との違いはありますが、基本的には手作業です。ただ、材料にステンレスを用いたものなど、新しいものもあります。材料を吟味したはさみは、古くなっても研げばまた切れるようになるものです」と言います。  (「見学・体験レポート – 東京都産業労働局」より)]

カメラ南南西方向が庄三郎(東京打刃物)です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*