恵明寺

マーカーは恵明寺です。

恵明寺
[真言宗の恵明寺は、宮城山円明院と号します。恵明寺の創建年代は不詳ですが、慶安元年寺領20石の御朱印状を拝領、末寺11ヵ寺を擁する中本寺格の寺院だったといいます。明治維新後に延命寺を合寺、延命寺が管理していた阿弥陀堂の江戸六阿弥陀佛2番を当寺へ移設、昭和28年に独立して単立寺院となりました。江戸六阿弥陀2番、荒川辺八十八ヶ所霊場21、23、24、25、26、27番札所、荒綾八十八ヶ所霊場54番札所です。

『足立区教育委員会掲示による恵明寺の縁起
真言宗、宮城山円明院恵明寺と称す。本尊阿弥陀如来坐像は、造像の技法がきわめてすすんだころの等身大の寄木造りである。この阿弥陀如来は、江戸六阿弥陀2番の札所として、古くは小台の延命寺にあったものを明治9年の合併の際移したものである。六阿弥陀仏の信仰は、平安時代後期以後に発生したものと思われる。
当寺に伝わる六阿弥陀縁起、足立姫の伝説は広く知られており、江戸時代天野信景の随筆「塩尻」にもその巡礼の様子がみられ、この地の人々の信仰を集めていたことがわかる。(足立区教育委員会掲示より)』  (「猫のあしあと – 恵明寺」より)]

[行基が彫刻した六体の阿弥陀仏(性翁寺の説明参照)は、近隣の寺院に祀られ、女人成仏の阿弥陀仏として崇められました。六阿弥陀寺院の第二番阿弥陀堂は、大正荒川放水路開削工事で恵明寺に移されました。本尊は、鎌倉時代に作られた等身大の寄木造の阿弥陀如来坐像で、昭和57年(1982年)に足立区の第一号有形文化財として登録されました。
画像リンク画像リンク画像リンク  (「足立区観光ネット – 恵明寺」より)]

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「六阿弥陀詣図」(17-22)

「東都歳事記」・彼岸六阿弥陀詣其二.jpg(絵に王子・飛鳥山、千住大橋、六阿弥陀第二番の寺・延命寺が描かれている。)

東都歳事記. 巻之1-4,附録 / 斎藤月岑 編纂 ; 長谷川雪旦 図画 ; 松斎雪堤 補画」・「彼岸六阿弥陀詣其二」(2-7)

恵明寺 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が恵明寺山門です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*