新宿の渡し

マーカーは中川橋です。

江戸御場絵図」(絵図は東西方向を軸に描かれていますので、絵図を回転して南北を軸にすると見やすくなります、南北軸にした絵図で、絵図中央・中川に、「新宿亀有渡船場」が描かれています。)

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。
1896~1909年の地図には「中川橋」が描かれています。

新宿の渡し
[新宿(あらしゅく・にいじゅく)は、水戸街道千住宿から1つ目の宿場町。古くは「あらしゅく」と呼ばれていたが、現在は「にいじゅく」と読む。現在の東京都葛飾区新宿2丁目にあたる。江戸から来て中川を渡って現在の中川橋東詰から屈曲して南下する筋が、江戸側から上宿・中宿、日枝神社付近で屈曲して東に向う筋が下宿と、大きく三つにわけられている。小規模な宿場町で、本陣は置かれなかったとされる。2005年時点で既に古建築を見出すことはできない。下宿の東端(現在の国道6号中川大橋東交叉点)付近には、佐倉街道成田街道)への追分があり、石碑が建てられている。新宿は大きく枡形を構成していたが、その後枡形をショートカットする道が作られ、旧道筋はわかりにくくなっている。  (wikipedia・新宿_(水戸街道)より)]

[中川橋を渡って右折するとそこが宿場町だった新宿である(当時は「あらじゅく」と呼ばれていた。現在も町名として残っているが「にいじゅく」となっている)。上宿・中宿と続き、左折して下宿。
その先で現水戸街道国道6号にぶつかる。ここで佐倉街道が分岐しており、石碑が残されている。国道6号との交点のすぐ東にある用水跡(現在都市計画道路整備中)の新宿橋を渡った後用水沿いに北に沿って少し進み、葛飾区新宿四丁目9番先で用水から離れる(このポイントには石碑・地蔵などが集められている。帝釈道碑がある。東に進み、金町五丁目26番先で再び国道6号に吸収される。  (wikipedia・水戸街道より)]

[かつて、水戸街道の千住宿と松戸宿の間のこの地には、新宿の渡しがあったが、1884年(明治17年)に明治天皇の行幸に合わせて橋が完成した際、廃止された。翌年、新しく架け替えられた橋では通行料が取られた。  (wikipedia・中川橋_(東京都)より)]

[中川橋を渡れば新宿(にいじゅく)の町並みである。宿場を貫く街道は直角の曲り角が3ヶ所設けられ、今も残る道筋に旧宿場町の雰囲気が感じられるが、沿道に並ぶ建物に往時の面影は残っていない。宿内の北(水戸方)外れで佐倉城下を経て成田山新勝寺へ至る佐倉街道(成田街道)が分岐していた。また、水戸佐倉道分間延絵図を見てみると、宿内に生洲(食用川魚の生け簀と考えられる)と山王池が描かれており、街道はその池を避けるように3ヶ所の曲り角が設けられていたことがわかる。現在は生洲、山王池とも埋め立てられて跡形も無い。  (「街道の行く先へ 2010年03月 – FC2」より)]

新宿(水戸街道)の現代地図に旧水戸街道の道筋を重ねた地図。

新宿の渡し資料リンク
[名所江戸百景・ にい宿のわたし(現在の葛飾区新宿付近にあった中川の渡し)wikipedia-photo]

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「新宿渡口」(20-2)

カメラ位置は中川橋西詰めです。

カメラ位置は中川橋東詰めで、カメラ北北東方向に当初の中川橋親柱と道標となっていた「タブの木」のモニュメントが設置されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*