明王院

スポンサーリンク

マーカーは明王院です。

明王院
[真言宗豊山派の明王院は、万徳山梅林寺と号します。明王院は、治承2年(1178)六条判官源為義の三男義広の草創で、五世久広のとき当院のかたわらに天満宮勧請して、万徳山梅林寺と号し、姓を梅田と改めたことから、周辺の地名も梅田と呼ばれることになりました。江戸時代には、鷹狩りの折の御膳所となり、また源氏の古い祈願所でもあったことから寺領13石の御朱印状を拝領しています。荒川辺八十八ヶ所霊場43番札所です。1742年に京都から奉戴した不動明王から赤不動と呼ばれている他、咳に効験のある八彦尊が祀られています。  (「猫のあしあと」より)]

[治承元年(1178年)に源義広の三男帯刀先生志田三郎義広が創建した古刹です。江戸時代は、将軍のご膳所となり、寺領13石を拝領しました。朱塗りの不動堂は、享保元年(1742年)に建立され、その色から「赤不動」と呼ばれ、境内には天満宮や弁財社があります。都文化財に指定されている応安2年(1369年)の銘がある如意輪観音の木像坐像が有名です。そのレプリカは、足立区立郷土博物館で拝観できます。
画像リンク  (「足立区観光ネット – 明王院」より)]

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「梅田天神祠 不動堂 別當明王院」(17-25)、「萬徳山明王院解説-1・左ページ中程から」(17-23)、「萬徳山明王院解説-2」(17-26)

明王院 – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向が明王院山門です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*