曳舟川/中居堀

マーカーはカメラ位置です。

江戸御場絵図」[絵図は東西方向を軸に描かれていますので、絵図を回転して南北を軸にすると見やすくなります、南北軸にした絵図で、絵図中央左・「古上水」「中井堀」が描かれ、並行して流れる「古上水」「中井堀」が「四ツ木」右で左右に分かれています。]

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。
1896~1909年の地図で、「曳舟通」が描かれ、並行して流れる古上水と中居堀が「四ツ木」上で左右に分かれています。

曳舟川/中居堀
[中居堀は、「瓦曽根溜井より分水し四つ木村までは古上水掘(後の曳舟川)の東に並びて引来り、同村内より次第に東の方に分かれ、渋江・木ノ下・大畑・請地・小村井、数村を歴、亀戸村の北にて北十間川に注ぐ。是は始まりより西葛西領本田筋村々の用水なり。堀巾2間ばかり、疎通の年月詳せず」と「新編武蔵風土記稿」にみえている。  (「文花 – 墨田区の小中学校」より)]

カメラ位置は四つ木めだかの小道前で、この付近まで曳舟川と中居堀が並行していましたが、この付近で離れていきます。カメラ南西方向が四つ木めだかの小道で、小道入口右に曳舟川の由来 説明板が設置されています。

曳舟川/中居堀資料リンク
国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 隅田川向島絵図」(絵図中央下・掘割に囲われた中に西光寺が描かれています。描かれている掘割は、曳舟川、曳舟川から分流する中居掘りと西光寺上は綾瀬川と思われますが、綾瀬川が中居掘りと合流している描かれかたををしている。この絵図は実測図ではないので実際と異なる点が多いようです。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*