東光寺

マーカーは東光寺です。

国立公文書館 デジタルアーカイブ – 江戸御場絵図 – 葛西筋御場絵図」(絵図は東が上になっていますので、北を上にすると見やすくなります。絵図を北向きにして、中央・正福寺、西井堀左方向に東光寺があることになります。

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。
1896~1909年地図で、上平井の「井」の下の「卍」が東光寺です。

東光寺
[真言宗豊山派院の東光寺は、医王山瑠璃院と号します。慶長元年(1596)海秀法印が創建したと伝えられます。
新編武蔵風土記稿による東光寺の縁起
東光寺
同末(新義真言宗、上小松村正福寺末)にて医王山瑠璃院と称す。本尊薬師を安す、腹籠に行基の刻せる四寸許の木像を秘めをけりと云。開山詳ならず。第二世空秀、寛文4年示寂といへば、古き寺にはあらざるべし。中興を空鍐と云、寛政7年4月朔日寂せり。
阿弥陀堂(新編武蔵風土記稿より)
葛飾区寺院調査報告による東光寺の縁起
慶長元年(1596)、海秀法印創立。一時荒廃したが、空鍐法印再興し、本寺正福寺の年頭をつとめ、村の鎮守三社大明神別当であった。元文4年(1739)の「正福寺惣門末起立録」には、
上平井村 医王山 瑠璃院 東光寺
1 本尊 薬師如来 行基菩薩作
1 開基 慶長元年 海秀法印
1 当村鎮守 神明宮 多賀明神 別当
1 境内 1反4畝20歩
1 寺附 1町3反2畝1歩
1 外 6反2畝8歩 浄戒寄付 御年貢地
1 御代官所 伊那半左衛門殿
とある(葛飾区教育委員会 葛飾区寺院調査報告より)  (「東光寺|葛飾区西新小岩にある真言宗豊山派寺院、新四国南葛八十八 …猫の足あと」より)]

東光寺 – Google Map 画像リンク」、「石造地蔵像 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が東光寺総門です。