柴又参道商店街

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    柴又参道商店街
    [柴又帝釈天は江戸時代初期の寛永6年(1629年)に、禅那院日忠および題経院日栄という2名の僧によって開創された日蓮宗寺院である。18世紀末、9世住職の日敬(にっきょう)の頃から当寺の帝釈天が信仰を集めるようになり、「柴又帝釈天」として知られるようになった。帝釈天の縁日は庚申の日とされ、庚申信仰とも関連して多くの参詣人を集めるようになった。
    近代以降も夏目漱石の『彼岸過迄』を始め、多くの文芸作品に登場し、東京近郊(当時は東京ではなかった)の名所として扱われた。20世紀後半以降は、人気映画シリーズ『男はつらいよ』の渥美清演じる主人公・車寅次郎(寅さん)ゆかりの寺として知られるようになる。年始や庚申の日(縁日)は非常に賑わい、映画『男はつらいよ』シリーズ制作中は、観光バスの団体客が大勢訪れたこともあるが、同シリーズの終了に伴い、参拝客、観光客が年々減少している。  (wikipedia・柴又帝釈天より)]

    柴又参道商店街 神明会ホームページ

    カメラ位置は京成金町線柴又駅北で、カメラ北北東方向が柴又参道商店街です。

    カメラ方向左が創業230年の「ゑびす家」で、右が「たなかや」です。(たなかや – 柴又/うなぎ [食べログ] )

    カメラ方向参道両サイドが映画で寅次郎のおいちゃん、おばちゃんが経営するだんご屋のモデルとされている「高木屋老舗」です。また、カメラ西北西方向の「船橋屋」は亀戸天神の「船橋屋」の支店です。(高木屋老舗 (たかぎやろうほ) – 柴又/甘味処 [食べログ]亀戸天神 船橋屋 柴又帝釈天参道店 (かめいどてんじん ふなば .)

    カメラ東南東方向が「寅さん」の実家として撮影が行われた「とらや」です。

    カメラ方向左が安永年間創業の「川千家」で、右が昭和2年創業の「亀家本舗」です。(亀家本舗 (かめやほんぽ) – 柴又/和菓子 [食べログ] )

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *