柴又帝釈天

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    江戸御場絵図」(絵図は東西方向を軸に描かれていますので、絵図を回転して南北を軸にすると見やすくなります、南北軸にした絵図で、中央右・江戸川左、「柴又」左上に躰澤天と描かれています。)

    柴又帝釈天
    [柴又帝釈天(しばまたたいしゃくてん)は、東京都葛飾区柴又七丁目にある日蓮宗の寺院の通称である。正式名称は経栄山 題経寺(きょうえいざん だいきょうじ)である。尚、「帝釈天」とは本来の意味では仏教の守護神である天部の一つを指すが、日本においてはこの柴又帝釈天を指す場合も多い。縁起によれば、題経寺の創建は江戸時代初期の寛永6年(1629年)で、開山は中山法華経寺千葉県市川市)19世の禅那院日忠とされている。なお、寺の説明によれば、実際に寺を開いたのは日忠の弟子にあたる題経院日栄であるとされる。本堂右手にある釈迦堂(開山堂)に日栄の木像が安置されていることからも、この日栄という僧が実質的な開山であると思われる。題経寺の中興の祖とされているのが9世住職の亨貞院日敬(こうていいんにっきょう)という僧であり、彼は一時行方不明になっていた「帝釈天の板本尊」を再発見した人物であるとされている。日敬自ら記した縁起によれば、この寺には宗祖日蓮が自ら刻んだという伝承のある帝釈天の板本尊があったが、長年所在不明になっていた。それが、日敬の時代に、本堂の修理を行ったところ、棟木の上から発見されたという。この板本尊は片面に「南無妙法蓮華経」の題目と法華経薬王品の要文、片面には右手に剣を持った帝釈天像を表したもので、これが発見されたのが安永8年(1779年)の庚申の日であったことから、60日に一度の庚申の日が縁日となった。それから4年ほど経った天明3年(1783年)、日敬は自ら板本尊を背負って江戸の町を歩き、天明の大飢饉に苦しむ人々に拝ませたところ、不思議な効験があったため、柴又帝釈天への信仰が広まっていったという。柴又帝釈天が著名になり、門前町が形成されるのもこの時代からと思われる。近隣に数軒ある川魚料理の老舗もおおむねこの頃(18世紀末)の創業を伝えている。
    帝釈堂(2005年撮影)・wikipedia-photo、2010年元旦・wikipedia-photo、彫刻ギャラリー・wikipedia-photo、「富士親時檀那となり奉納された観音菩薩像であり、元は富士山頂に位置した下山仏である」・wikipedia-photo  (wikipedia・柴又帝釈天より)]

    柴又帝釈天公式サイト

    [[柴又]題経寺(柴又帝釈天)の除夜の鐘◆
    除夜の鐘は初祈祷を申し込んだ先着108人のみ参加可能。大客殿では太才札の授与があるほか、屠蘇[とそ]もいただける。
    [時間]24:00~
    [料金]15,000円(大歳大札、盃、暦他が授与される)
    [一般参加]一般参加可(要事前申込)  (「題経寺(柴又帝釈天)の除夜の鐘|除夜の鐘は東京のお寺で」より)]

    柴又帝釈天御神水・浄行菩薩 – Google Map 画像リンク」、「瑞龍のマツ – Google Map 画像リンク」、「柴又帝釈天(経栄山題経寺) – Google Map 画像リンク」、「邃渓園 – Google Map 画像リンク

    カメラ東北東方向が柴又帝釈天二天門です。

    カメラ東北東方向が柴又帝釈天帝釈堂で、カメラ北西方向に鐘楼があります。

    カメラ東方向が柴又帝釈天祖師堂(本堂)で、本堂右が釈迦堂(開山堂)です。

    彫刻ギャラリー・邃渓園拝観受付前のストリートビューです。

    邃渓園拝観入り口前のストリートビューです。

    彫刻ギャラリー拝観受付前のストリートビューです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *