法受寺

スポンサーリンク

マーカーは法受寺です。

法受寺
[正暦3年(992年)、恵心僧都によって、豊島郡下尾久の地に天台宗恵心院法受寺とし開創され、文久元年(1264年)、浄土宗に改宗しました。宝暦3年(1753年)豊島郡谷中に移転し、新幡随院法受寺と称しましたが、関東大震災後下谷三崎町の法受寺と浅草の照光山安養寺とが合併して、昭和10年(1935年)に現在地に建立されました。区の有形文化財の後深草法王の木像、五代将軍徳川綱吉の生母桂昌院の墓があります。伊興七福神巡りの1寺で、布袋尊が祀られています。
画像リンク画像リンク  (「足立観光ネット – 法受寺」より)]

[東武伊勢崎線竹ノ塚駅の北、徒歩15分。寺が集まっている東伊興4丁目の一角にある。正暦3年(992年)恵心僧都によって開創された古刹。はじめは天台宗の寺だったが、のちに浄土宗に改宗した。何度か移転した後、関東大震災後に浅草の安養寺と合併して昭和10年(1935年)に現在地に建立された。鎌倉時代に奉納された後深草法皇尊像の厨子と位牌、江戸時代の将軍綱吉の生母桂昌院の墓があり、どちらも足立区の文化財に指定されている。  (「東京ガイド – 法受寺」より)]

法受寺 – Google Map 画像リンク

カメラ南方向が法受寺山門です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*