清亮寺

マーカーは清亮寺です。

清亮寺
[日蓮宗寺院の清亮寺は、久栄山と号します。清亮寺は、運寮院日表上人が元和5年(1619)当地に創建したといいます。  (「猫のあしあと – 清亮寺」より)]

[開山は元和<5年(1619年)で、天保4年(1833年)に再建されました。かつては山門のすぐ近くに立派な松があり、水戸黄門が休息の折、槍を立掛けたということから名付けられた「槍かけの松」がありましたが、残念ながら枯れてしまい、写真でのみ見ることができます。 「解剖人墓」: 墓地入口付近にあります。日本近代医学の黎明期、明和6年(1769年)に、小塚原刑場で処刑された罪人11人の遺体がここで腑分け(解剖)されました。杉田玄白前野良沢らによって、「解体新書」が著された99年後のことです。罪人とはいえ、その体を文明の進歩に提供された11人の戒名・執刀日,俗名、年齢を刻み供養しています。明治の外科医学がここから始まったといえる貴重な資料です。
画像リンク画像リンク画像リンク  (「足立区観光ネット –  清亮寺」より)]

清亮寺 – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向が清亮寺山門です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*