源長寺

スポンサーリンク

マーカーは源長寺です。

源長寺
[浄土宗の源長寺は、稲荷山勝林院と号します。源長寺は、慶長3年(1598)当地を開拓した石出掃部亮吉胤が、関東代官頭a href=”https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E5%A5%88%E5%BF%A0%E6%AC%A1″>伊奈備前守忠次を勧請開基とし、圓誉不残(元和3年寂)を開山に迎えて慶長15年(1610)創建したといいます。境内の地蔵尊は千住七福神寿老人です。

『足立区教育委員会掲示による源長寺の縁起
浄土宗稲荷山勝林院源長寺と号す。慶長3年(1598)この地に住み開拓した石出掃部亮吉胤により、同15年(1610)一族の菩提寺として開かれたが、千住大橋架橋等に尽くした関東代官頭伊奈備前守忠次を敬慕してそのその法名にちなむ寺号を付して開基としている。本尊は、阿弥陀如来
墓地に、石出掃部亮吉胤墓(区指定記念物)大阪冬の陣西軍の武将矢野和泉守墓、女行者心静法尼墓、三遊亭円朝が心静に報恩寄進した石燈籠、その他千住宿商家の墓碑が多い。また草創期の寺子屋師匠だった多坂梅里翁の筆子塚、一啓斎路川句碑等がある。(足立区教育委員会掲示より)』  (「猫のあしあと – 源長寺」より)]

[慶長15年(1610年)石出掃部亮実胤により創建されました。本山は、京都知恩院です。江戸時代には日光門主の通行寺に本陣の代わりを勤め、また将軍の鷹狩りの御善処となりました。
「石出掃部亮吉胤の墓」:石出掃部亮吉胤は、武蔵千葉氏の一族で、慶長3年(1598年)に掃部宿の開発をしました。元和2年(1616年)から翌年にかけて掃部堤を築造しました。現在の静岡県静岡市辺りの出身で、文学や書法を好み、俳友の建部巣兆を慕って千住に住み、俳句や書を教えていました。慈父のように敬愛された門弟によって、一啓斎路川句碑が建立されました。区の有形文化財として登録されています。
「多坂梅里翁碑」:多坂梅里は信濃国植田藩に仕えていましたが、享保年間の頃千住に住み、50年間にわたって教育を行いました。師を慕った門弟によって建立されました。
画像リンク画像リンク画像リンク  (「足立区観光ネット – 源長寺」より)] 

掃部宿門 旧跡延命子育地蔵堂 – Google Map 画像リンク」、「源長寺 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が源長寺山門です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*