熊谷堤(千住小橋)

マーカーは旧区役所通り/旧日光街道交差点です。

熊谷堤(千住小橋)
[熊谷堤(現・旧区役所通り) – 熊谷から続く、荒川(下流は隅田川)沿いの堤土手 熊谷堤(くまがやづつみ)は、熊谷方面からずっと続く荒川左岸の堤土手(つつみどて)である。荒川堤ともいう。荒川左岸地域の洪水を防くために江戸時代前の天正年間に築かれた。北にある現在の荒川放水路は、昭和5年(1930)にできた人口の川である。この熊谷堤までが最初にできた千住宿(千住本宿)である。一丁目から五丁目まである。千住本宿 一丁目より南の千住宿は、後に広がった千住宿で、仲町(なかちょう)、河原町(かわらちょう)、それに荒川(現・隅田川)を越えた小塚原町(こつかっぱらちょう)、中村町がある。なお、千住大橋(初期の頃は、小塚原橋とも呼ばれ、現在の橋より上流200メートルの所にあっ た)の下流の鐘ヶ淵を境に、上流は荒川、下流は隅田川と呼んだ。   (「『千寿七福神めぐり』 – NPO法人越谷市郷土研究会」より)]

[旧区役所通りは、かって熊谷堤とよばれ北側に江川堀が流れ、その江川掘りに千住小橋が架かっていました。江川掘りは昭和6年頃暗渠(あんきょ)化されています。  (参考サイト – 「足立朝日» Blog Archive » 旧日光街道、千住小橋付近」より)]

カメラ位置は旧区役所通り/旧日光街道交差点で、カメラ北北東方向が千住宿(千住本宿)で、カメラ南南西方向が千住仲町です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*